@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

5シリーズのライバル フェイスリフト

マセラティが、成都モーターショーで、フェイスリフト版ギブリを公開した。


エクステリアの変更点は、実車画像で確認できるように
・新意匠の前後バンパー
・新型グリル
となっている。

インテリアは、先日インフォテインメントシステムとダッシュボードが意匠変更されたばかりのため、それほど多くはない。
 

パワステ変更 部分自動運転機能と協調

新機能としては、動的性能を高めるインテグレーテッド・ビークル・コントロールの搭載があげられる。


さらに、ハイドローリック・パワーステアリングをエレクトリックシステムに変更。これにより、
・ハイウェイアシスト
・レーンキープアシスト
・アクティブ・ブラインドスポットアシスト
と協調制御が可能になった。

また、オプションのドライバーアシスタンス・パッケージを選択すれば、アダプティブ・クルーズコントロール、トラフィックサイン・レコグニションも装備できる。
 

ガソリンユニット 20psアップ

パワートレインは、3.0ℓV6ディーゼルおよびガソリンを用意。

ディーゼルは、最高出力が275psから変更されないものの、ガソリンは最高出力430ps(20psアップ)、最大トルク59.2kg-mへとパワーアップされている。


クワトロポルテ同様に、ギブリには
・グランルッソ
・グランスポーツ
の2グレードを用意。車両価格は、エントリーレベルが£50,000(709万円)〜となっている。