亀城は10位と好位置につけ3日目へ(写真はシンガポールOP)(撮影:ALBA)

写真拡大

奈良柳生カントリークラブ(奈良県)、富岡倶楽部(群馬県)の2か所で行われている国内男子ツアー「セカンドクォリファイングトーナメント(以下QT)」は第2ラウンドの競技が終了した。

富岡倶楽部では高田聖斗とキム・チャンウがトータル10アンダーで首位に並んでいる。米ツアーで活躍する野村敏京の弟・京平はこの日“70”でラウンドし、トータル5アンダー8位タイと好位置につけている。
一方、奈良柳生CCではT・チャイプラコンがトータル12アンダーで単独首位、伊藤元気がトータル11アンダーで2位に。アジアツアーのQTを3位で通過した亀代順哉は、初日の2位タイから順位を下げたものの、トータル7アンダー10位タイと好調のまま3日目に挑む。
なお、セカンドQTは当会場他4地区にて行われ、各地区の上位者がサードQTに進出する。
【初日の順位・奈良柳生CC】
1位:T・チャイプラコン(-12)
2位:伊藤元気(-11)
3位T:川口雅晴(-10)
3位T:Kim Euiin(-10)
5位T:岸本翔太(-9)
5位T:松村大輝(-9)
【初日の順位・富岡倶楽部】
1位T:キム・チャンウ(-10)
1位T:高田聖斗(-10)
3位:A・ウォンワニ(-8)
4位T:Song Lee(-7)
4位T:早藤将太(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2017年日本男子ツアー・セカンドQT成績
2017年日本女子ツアー・ファーストQT成績
石川遼、生き残りへ! ウェブドットコムツアー・ファイナルズ特集
和製大砲、亀代順哉の次なる戦いの場はインド「楽しみ」
【松山英樹のパッティング】グリップは下手から握って真っすぐヘッドを出す