昨日にはセルゲ・ニャブリが足首の負傷のため、すでにチームホテルと後にしたことが伝えられたばかりだが、さらに水曜日には今度はユベントス所属サミ・ケディラにも、これから迎えるワールドカップ予選2試合で欠場する可能性が出てきた。

ドイツサッカー連盟が発表したところによれば同選手は、膝に問題を抱えているとのことで午前の練習参加は回避。これから怪我に関する詳しい情報と治療法などを検討するために、「さらなる検査を受ける」ことが明かされている。

そのため本日午後から行われる予定となっていたプレスカンファレンスでは、本来はサミ・ケディラが出席予定となっていたものの、代わりにケルン所属ヨナス・ヘクターが、マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏とともに出席している。