トリノがバルサにFWムニルのレンタルを打診…シーズン終了後に買取か

写真拡大

 トリノがスペイン代表FWムニル・エル・アダディの獲得を所属クラブであるバルセロナへ打診したようだ。29日付でイタリア紙『Sky』が報じている。

 今夏、バルセロナからの移籍が確実視されているムニルにはローマやサンプドリア、マラガなど欧州各国のクラブからの関心が噂されていた。

 同紙によると、トリノもムニル争奪戦に参戦する模様だ。同クラブはバルセロナに対し1年間のレンタル移籍を打診。オファーには今シーズン終了後に、1700万ユーロ(約22億円)での買い取り義務が付随しているようだ。

 選手本人はローマへの移籍を望んでいるとされるが、サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長も「ムニルと交渉中だ」と明言しており、現在この2クラブのどちらかが移籍先として有力視されている。