インスタ映え抜群『ハロウィーン・モンスターの舞踏会』

写真拡大

秋のイベント「ハロウィーン」が日本でも若者を中心に年々盛り上がりを見せている。そのハロウィーンに欠かせないモンスターたちが、“コワカワイイ”スイーツになって、ホテルのデザートブッフェに登場する。どれもフォトジェニックなインスタ映えするものばかりで、友達や恋人、ファミリーでとワイワイ盛り上がること必至だ。

【この記事の他の写真を見る】

2015年10月にオープンしたヒルトン東京お台場(東京都港区)で9月9日から10月31日まで開催される『ハロウィーン・モンスターの舞踏会』デザートブッフェ。白と黒を基調にしたシックな空間で、インスタ映えする見た目もユニークな“ハロウィーン・スイーツ”を堪能できる。8月29日に開催されたプレス向けのお披露目会&試食会に出席し、一足先に目と舌で味わってきた。

ハロウィーンをイメージするちょっと怖いオブジェの前に、ズラリと並んだスイーツは、どれも見ているだけでワクワクするものばかり。一見、ギョッとしてしまうのは「目玉ごろごろスープ 甘酸っぱいハニー&レモン味」だ。コロンとした目玉が細いグラスに浮いている様が、インパクト絶大だが、恐る恐る口に入れてみると、あっさりしていて食べやすいので驚いてしまう。

「モンスターこうもりキャラメルタルト」は、アニメのキャラクターのような丸い目が印象的だ。こちらはチョコとキャラメルの味がとろっと濃厚。また包帯の隙間からのぞく目がかわいい「マミーマミー ブラウニー ロリポップ」は、ミイラがモチーフ。包帯は牛皮でできていて、持ち手がついているので、自撮りにもうってつけだ。

他にも「ひと思いに切って 目玉のタルト」「舞踏会のくもの巣チョコレートケーキ」「舞踏会の骸骨ケーキ ストロベリーとヨーグルト」「“やすらかに・・・” 森の中のお墓」「中は開けてのお楽しみ 脳みそレアチーズケーキ」「舞踏会のジャックオランタン」「棺桶ティラミス」「ひと思いに食べて 目玉のフロマージュブランタルト」「キスミー パンプキンシュークリーム」「血だまりの壷 ハイビスカスゼリー」「血だまりのブラッドオレンジファウンテン」など約30種類のホテルメイドのハロウィーン・スイーツを満喫できる。

また、ハロウィーン・コスチュームを着て来場すると、色が変わる不思議なドリンクがもらえる。こちらは、グラスの中にスポイトが入った変わったドリンクだ。グラスとスポイトにはそれぞれ別の液体が入っているが、混ざると色が変化する。実際にスポイトからグラスに液体を少しずつ入れてみたところ、色が徐々に変わっていった。まさにハロウィーン・マジックのようなノンアルコール・カクテルであった。自ら仮装して魔女やモンスターに成りきり、このスイーツを楽しむと、ハロウィーンの世界にどっぷり浸かれそうだ。

■『ハロウィーン・モンスターの舞踏会』
会場: ヒルトン東京お台場 シースケープ テラス・ダイニング(2階)
期間: 9月9日(土)〜 10月31日(火)
時間: 15:00〜17:00
料金: 平日 大人 3,000円 子供(6歳〜11歳)1,800円 / 土日祝 大人 3,500円 子供(6歳〜11歳)2,100円
※税金・サービス料別途
ウェブサイト:http://hiltonodaiba.jp/plans/restaurants/3918

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)