大好きな彼に少しでも好意を持ってもらいたい、と恋する女性なら思うのが当然。そんな気持ちから「小さいウソ」をついてしまうことってありませんか? 本当のことを言ったら嫌われちゃいそうだから……と彼についてしまった「ウソ」はどんなものなのでしょうか? 女性たちにこっそり聞いていました。

恋する女子が彼についちゃう「小さなウソ」5選

1. 経験があっても「初めて」に

例えば、行ったことがある場所でも彼の前では「初めて来た!」とウソをついたり。食べたことあるものも「おいしい〜! こんなの初めて食べた」とはしゃいだり……。実は経験があっても「初めて」とウソをついちゃう女性は多いのではないでしょうか?

「初めてってよろこんだ方が、好感度が上がりそうな気がしませんか? だから、本当は元彼とデートした場所でも『初めて来た〜! すごいキレイな場所だね』と言ったりすることが。ディズニーとか誰もが絶対行く場所だと、ウソってバレそうだけど」(29歳・美容師)

▽ 初めてって言葉に弱いはず……と彼に好かれるために「初めて」にしちゃうことも?

2. しばらく彼氏がいないことに

実は最近彼氏にフラれたばっかり、でも「ずっと彼氏がいない」とウソをついてしまうという声もありました。「別れたばっかり」だと「寂しいだけだよね?」「復縁もありえそう」と敬遠される気がして、数年彼氏がいないといってしまうことも!?

「いい感じの男性から『どれくらいフリーなの?』って聞かれたとき、実は1か月前に別れたばかりだけど『2年くらい彼氏いない』ってウソをついたことあります。別れたばっかりだと、なんか嫌がられそうだから」(28歳・IT関連)

▽ 彼氏いない歴を詐称して、ピュアな感じをアピールしちゃうこともあるようです。

3. ほぼ毎日、自炊していることに

本当はズボラさんで、テイクアウトやスーパーのお総菜に頼っているのに「ほぼ毎日自炊してます!」とウソをついちゃうという声もありました。料理上手ってことにしておけば、絶対好感度上がるし……ってなりますよね。

「料理とかする? って聞かれて、全然してないのに『ほぼ毎日自炊です』って答えてしまったことが。だって家庭的な方が絶対モテるじゃないですか。得意料理とか聞かれたら、とりあえず無難な肉じゃがにしておく、作れないけど(笑)」(30歳・アパレル勤務)

▽ 好きな男性に「全然料理しません」って正直に答えるのは、勇気が要りますよね。

4. 興味ないのに彼の趣味に合わせる

全く興味ないのに「彼が好きな趣味」に合わせてしまったという声も。「知らないバンドなのに、私も好き〜」とか「全く興味ないのに、すごく興味あります!」と会話のきっかけを作ろうとしちゃうのも恋する女ならではのウソ?

「一度も聴いたことがないバンドなのに『私も聴いたことあります。結構好き!』ってウソをついたことが。知らないことがバレたらアウトだから、即効youtubeで検索して聴きまくった。けど内心は『こういう曲、あんま好きじゃない』って(笑)」(29歳・メーカー勤務)

▽ 彼に近づきたいゆえ、興味があるフリしちゃう……これはかわいいウソですよね?

5. 体型に関するサバ読み

一緒に買い物しているときに「サイズはどれくらい?」とか聞かれたら「実際より小さめを申告」してしまうという女性も。なぜか「女の子は小さめがかわいい」って思っちゃうんですよね。ということで、体型に関してウソをついちゃうこともあります。

「体重ってどれくらいなの? って聞かれたら『48kgくらいかな〜』ってごまかす。本当は余裕で54kgくらいあるけど、男子って40kg台が好きなイメージありませんか?」(28歳・ネイリスト)

▽ 実際には彼より体重があるかも、なんて口が裂けても言えません……!

まとめ

大好きな彼に好かれたいがために、小さなウソをついちゃうことってありますよね。こんなウソなら、バレても「だって嫌われたくなかったんだもん」で許してもらえそうな気がしますが……。かわいいウソなので、バレても笑って許してあげてくださいね!