文科省が8月28日に公表した今年度の全国学力・学習状況調査の結果から、児童・生徒の自己肯定感が年々上昇していることが判明した。

同調査は、今年4月18日に全国の国・公・私立小中学校で実施。小学6年生と中学3年生が回答した。教科に関する調査では、国語と算数(中学校は数学)それぞれで、知識を主に問う「A」と、知識の活用を問う「B」の2種類の問題を用意。学習意欲や学習方法、生活面などに関しては、質問紙調査で回答を得た。

児童の77.9%、中学生の70.7%が「自分によいところがあると思う」

自尊感情は、「ものごとを最後までやり遂げて、嬉しかったことがありますか」「難しいことでも、失敗を恐れず挑戦していますか」「自分には、よいところがあると思いますか」「将来の夢や目標を持っていますか」の4つの質問で計測した。

小学生の自尊感情が最も高かったのは秋田県で、次いで福井県、3位が青森県と広島県だった。国語A・Bで正答率全国1位、算数Aで2位、算数Bで3位になった秋田県を始め、これらの県は教科の正答率でも高い数値を出している。一方で自尊感情が最も低かったのは大阪府と香川県だった。大阪府は、国語A・Bの正答率が全国で最も低い結果となっている。

「物事を最後までやり遂げて嬉しかったことがあるか」との質問には、「当てはまる」と答える児童ほど正答率が高い傾向が全教科で見られ、「難しいことでも失敗を恐れずやるか」という質問でも、同様の傾向があった。

「自分によいところがあると思うか」という質問に対しては、「当てはまる」「どちらかと言えば当てはまる」と答えた児童の割合は、過去4年間で最多の77.9%だったが、「当てはまらない」と答えた児童も7%いた。将来の夢や目標については、85.9%の児童が持っていると回答した。

中学生の自尊感情が最も高かったのも、小学生と同じく秋田県だった。栃木県、広島県、高知県が同率で続いた。最も低かったのは大阪府と香川県で、こちらも小学生と同じ結果になった。

「難しいことでも失敗を恐れずやるか」への回答と、各教科の正答率との関連を見ると、正答率が最も高かったのは「どちらかといえば当てはまる」と答えた生徒だった。自分によいところがあると感じている生徒は全体の70.7%、将来の夢や目標がある生徒は同70.5%だった。