W杯出場権獲得へ、ハリル監督が不退転の決意 「明日勝ちたい」と豪州戦勝利を約束

写真拡大

難敵オーストラリア戦を前に「非常に良い雰囲気」とトレーニングに手応え

 日本代表にとって6大会連続となるワールドカップ(W杯)出場を懸けた戦いは、“メンタルゲーム”になる――。

 31日に行われるW杯アジア最終予選オーストラリア戦の前日会見に登場したバヒド・ハリルホジッチ監督は難敵を迎えるにあたって、チームにつぎ込んできた精神面の充実を繰り返し説いた。

「我々はオーストラリアをリスペクトしています。現アジアチャンピオンです。我々も勝ちにいきます。決断力と意欲を持って勇敢にいきたい」

 今回の最終予選ではホーム最終戦となる埼玉スタジアム2002での決戦。勝利すればロシア切符を手に入れられる一方で、引き分け以下なら敵地サウジアラビア戦に全てを懸けることになる。そのサウジアラビアがUAEに敗戦したことは指揮官の耳にも入っているが「我々の状況や決意は変わりません。イラク戦でも勝ちたかったが、そこで勝利を収めることができなかったので明日勝ちたい。その後サウジ戦について話ができる」と、オーストラリア戦に集中している。

 相手は今夏のコンフェデレーションズ杯で各大陸の強豪と互角に渡り合っている。短い練習期間ということもあり、「どちらかと言えばメンタルの準備を進めている。リカバリー中心で、昨日は戦術的なトレーニング。疲労や暑さを考慮して軽いトレーニングをしました。たくさん話はしています。個別にビデオを見せたりもして、非常に良い雰囲気になっています」と手応えを口にし、戦術的な部分よりもモチベーションを極限まで高めることを重視した。

「必要としているのは11人のサムライ」

 モチベーション面を強調しながら、ハリルホジッチ監督はこう続けている。

「私が来日してから、メンタル的に進化させようとしている。もちろん相手をリスペクトしなければいけません。その前に自分をリスペクトしなければいけない。自分の可能性を信じることができなければ、自分を制限して不可能を作ってしまう。このようなゲームがホームで開催されると、このイベントの重大さ、大変さに応えられる状態でないといけない。私が必要としているのは11人の戦士、サムライです、それで勝利を求めて戦います」

 イラク戦では負傷者が続出して前線の交代カードを使い切れないという、忸怩たる思いを抱えた。勝てばW杯出場権を決められる状況だけに「我々も想定して戦術を準備しています。ゲーム内外でたくさんのことが起こる試合です」と、終盤のパワープレーにも含みを持たせるなど、采配での駆け引きでも全力を尽くそうとしている。

 ハリルホジッチ監督は「みなさんもサポーターになってください」と言い残し、報道陣からのバックアップも期待した。オーストラリア戦の結果次第では解任との噂も巻き起こるなかで、勝負師としての力を見せつけられるか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images