歌舞伎町が似合わない4人。終演後、感想会へ。ハマくんの久しぶりの参加もあってか話が尽きず、終電を逃すのであった……。

Base Ball Bearの小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間と映画を観てひたすら語り合うプライベート課外活動連載。今回は大ヒット中の『スパイダーマン』新作。マーベルはマンガもしっかり読み込むほどの小出部長とハマ・オカモトが、マーベル素人の福岡とレイジの前でしゃべりまくり!


活動第37回[前編]『スパイダーマン:ホームカミング』

参加部員:小出祐介(Base Ball Bear)、福岡晃子(チャットモンチー)、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)



近年のマーベル・シネマティック・ユニバースでいちばん素直に楽しめました


──「みんなの映画部」第37回目。今回は久々にハマくんが参加しております!


一同 (拍手)


ハマ 恐縮です!


小出 君がいない間にもうだいぶ進んでますよ。だって今年はまだ来てなかったもんね?


レイジ そうだ、昨年末のJ-WAVE特番(活動第31回 特別編)が最後じゃない?


福岡 あけましておめでとうございます(笑)。


──祝・ハマカミング(笑)。というわけで、今回はまたまた再始動した「新スパイダーマン」一発目の『スパイダーマン:ホームカミング』です。まずは小出部長から恒例のひと言をお願いします。


小出 面白かった。近年のマーベル・シネマティック・ユニバース(編註:マーベル・スタジオによるアメコミ・ヒーロー映画のシリーズで、すべて同一の世界観で繋がっている構成。一本の映画に他作品のキャラクターが登場する)のなかでいちばん素直に楽しめましたよ。「フェイズ3」(第三章)に入ってからでは間違いなくいちばん好きかな。


ハマ おぉ! それは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年/活動第25回参照)以降ということですか?


小出 うん。『シビル・ウォー』はすごい良かったんだけどさ。最近の『ドクター・ストレンジ』(2016年)と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)は、面白かったけど正直、長くも感じちゃってて。


ハマ 上映時間の話ですね。だんだん『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ監督のようになってました(笑)。


小出 そうそう。話のスケールも尺も膨らみがちで、てんこ盛りのギャクもその緩和剤なんだろうなとか考えちゃって。そこからすると今回の『スパイダーマン:ホームカミング』は、青春モノっていうタイトなスケール感でしょ? この設定でもう勝ちだなって。


──尺自体は133分だから長いことは長いんですけど、語りは効率的で上手いですよね。


小出 効率と言えば、またベンおじさん(両親を亡くした主人公ピーター・パーカーを育ててくれた叔父)のくだりから始まるのかなと若干構えてたんですけど、そのへんの因縁話をすっぱりカットしちゃっててね。


ハマ 初期設定のぶっ飛ばし方が爽快でした。


小出 なんでピーターがスパイダーマンになったのか、みんなはもう知ってるよね!? みたいな(笑)。特殊なクモに噛まれて超人能力が身に付いたってことに関しても、劇中での説明は最小限。「俺もそのクモに噛まれてぇなぁ、もういねぇの?」「死んだ」とか(笑)。その処理が最高だなと思って。


──詳しく知りたい方はググってください、と。


小出 そうそう。恒例の「大いなる力には、大いなる責任が伴う」も言わないし。ぜーんぶすっ飛ばして、本人がヒーロー活動したくてうずうずしてるところから始まるっていう(笑)。余計な説明がなくて気持ち良かった。この判断、絶対正解だと思うんですよね。


キャスティングもめっちゃええやん


レイジ 実際、俺は(前提の情報とか)ほとんど知らないけど、別に曇りもなかったっていうか。「これ、どういうことなんだろう?」という引っかかりもなく楽しめました。


ハマ ほぼなかったね。


レイジ 逆に言うと、スパイダーマンがなんでああなっているかということを、まったく知らない人はこの世にいない状態なのかも。


小出 少なくとも映画館に来る人たちはなんとなくわかってるよね。あっこはどうだった?


福岡 めっちゃ面白かった! 前に映画部で観に行ったスパイダーマン(前のシリーズの2014年作品『アメイジング・スパイダーマン2』/活動第2回参照)より好きになったかもしれない。キャスティングもめっちゃええやん。


ハマ ピーター役のトム・ホランドとかすごすぎ。


小出 すげえ良いよね。あと素晴らしいのは、やっぱり悪役のマイケル・キートンですよ。バットマンこと、バードマンこと、バルチャー(笑)。


──ティム・バートン監督の『バットマン』シリーズ(1989年〜1992年)で主人公バットマンを演じ、アカデミー賞作品『バードマン あるいは(無知がよたらす予期せぬ奇跡)』(2014年)では架空のヒーロー、バードマン役をかつて演じた落ち目の俳優役に扮したキートンさん。それが今回の鳥男バルチャーに繋がっている(笑)。


レイジ あと、このあいだ日本公開された『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(2016年)も良かった。俺、最近マイケル・キートンがすごい好きです。なんだ、あの顔! って。


ハマ しわくちゃで。


レイジ 顔だけで怪優・名優っていう。あと俺が気になったポイントとしては、冒頭と最後、ラモーンズの「ブリッツクリーグ・バップ」(邦題「電撃バップ」)が主題歌的に流れるところで。ものすごく音悪いなと思いました(笑)。


小出 あははは!


ハマ ハンパなく悪いよね!


レイジ 結構最近映画でよく使われるじゃないですか、70年代の往年のロックのヒット曲。そのなかでも史上最悪でしたね、音(笑)。いや、だからこそ最高だった。


小出 今の映画館の最新スピーカーシステムで聴く必要がまったくないよね(笑)。


レイジ 本当にそう思います。でもラモーンズは、やっぱりニューヨークのクイーンズの名物バンドなので、クイーンズが舞台の『スパイダーマン』でようやく使われたのはうれしかったです。


ちなみにラモーンズは「スパイダーマンのテーマ」(1967年に放送されたスパイダーマン初のアニメシリーズのテーマソング)のカバーもやってますけども。


小出 そうだね。


ハマ サントラのスコアで「スパイダーマンのテーマ」をアレンジしているのも良かったです。こういうの、過去の旧シリーズでやってましたっけ?


小出 いや、やってないと思う。


──サム・ライミ監督の『スパイダーマン2』(2004年)ではストリートミュージシャンが歌っていたり、『アメイジング・スパイダーマン2』ではピーターの口笛とか着信音で使われていたりと、オマージュ的な使い方にとどまっていたと思います。


小出 なるほど。


TEXT BY 森 直人(映画評論家/ライター)


歌舞伎町が似合わない4人。終演後、感想会へ。ハマくんの久しぶりの参加もあってか話が尽きず、終電を逃すのであった……。


突如、小出部長が泣ける思春期話を始める[後編]は8月31日(木)配信予定