Ryohu、初の全国流通盤EP『Blur』発売 完全招待制のリスニングパーティー開催も

写真拡大

 KANDYTWONに所属するラッパー・DJのRyohuが初の全国流通盤となるEP『Blur』を10月11日にリリースする。

(関連:世田谷エリア発の16人組、KANDYTOWNの「スマートなヒップホップ」はシーンをどう変える? 

 タイトルの『Blur』とは“曖昧”や“ぼやける”という意味を持つ。共同プロデューサーにampelの河原太朗を迎え、Ryohuも所属するバンドAun beatzからドラムにSuyama Jackson、ギターにMarkunが参加している。他にもTempalayのサポートメンバーとしても活躍するAAAMYYYがコーラスに、SANABAGUN.からは谷本大河がサックス/フルート、トランペットに高橋絋一が参加している。ジャケットデザインはアパレルブランド・CYDERHOUSEのデザイナーUG OKAMOTOが手がける。

 また、リリースに先立ち、同作のリスニングパーティーの開催も決定。完全招待制となっており、公表されているのは日時のみとなっている。当日はRyohuによるスペシャル・ライブや、Ryohuとゆかりのある面々が登場する予定だという。イベントには対象店舗にて配布されるインビテーション・カードを持参することで参加することができる。(リアルサウンド編集部)