【詳細】他の写真はこちら

日食なつこが、9月27日にリリースするミニアルバム『鸚鵡』(おうむ)のジャケット写真と新アーティスト写真を公開した。

日食は、この作品のためにアカサカオウムの能面を制作。ジャケット写真は前作『逆鱗マニア』とは一変、不気味さや異様さ、怖ろしさが際立ち、その中にある強さ、美しさが感じられる仕上がりに。

ジャケットで使用した大きなヒマワリは、アーティスト写真でも使用。不気味に並ぶヒマワリの中に日食が佇んでおり、暗い背景にビビットカラーのシャツが映える、こちらも異様な雰囲気が漂うアートワークになっている。

このジャケットは何を表しているのか、ニューアルバムの内容に期待が高まる。ファンは、続報を楽しみにしておこう。

また、9月2日から『鸚鵡』リリースツアー『時差呆け矯正ツアー』のチケット一般発売が開始される。日程など詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

日食なつこ コメント

鸚鵡の能面と巨大な枯れ向日葵の2大アイコンを用意して、今作のビジュアルは完成しました。

能面は今作1曲目収録の「ギャングギャング」のモデルになったアカサカオウムを、大きく欠けた向日葵は日食を表しています。

面打師の大蔵雄二郎さんも、いけばな龍生派のお家元も今回の依頼を快く受けてくださり、それぞれの分野のアイデアをぶつけ合った非常にクリエイティブで刺激ある制作期間でした。

結果、画面から飛び出してくるような生命力のあるビジュアルを作ることができてとても満足です。

この画から果たしてどんな音が生まれてくるのか、皆様どうぞ存分に妄想しながら「鸚鵡」リリースを楽しみにお待ちください。

リリース情報



2017.09.27 ON SALE

ALBUM『鸚鵡』

日食なつこ OFFICIAL WEBSITE

http://nisshoku-natsuko.com/