2018年1月16日から東京国立博物館にて特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」が開催!のキャッチ画像

写真拡大

2018年1月16日(火)から3月11日(日)の間、東京国立博物館にて特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」が開催されます。京都・仁和寺にある貴重な仏像含め様々な名品を目にすることのできる機会です。ぜひこの機会を見逃すことなく足を運んでみてください!

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」

東京国立博物館では、特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」が開催されます。

これは、仁和4年(888)に完成した寺院「仁和寺」に伝わる名品を一堂に紹介するというもの。滅多に見られない数多くの名宝が公開されるので、気になる人はぜひ足を運んでみましょう!

●仁和寺とは?

仁和寺とは、京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の寺院です。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

仁和寺は、仁和2年(886年)に建立が発願され仁和4年(888年)宇多天皇によって完成。皇族が住職を務めた「門跡寺院」の為、皇室とゆかりの深い寺としても知られています。「仁和寺と御室派のみほとけ」では、その皇室との関わりを物語る貴重な作品を目にすることができます。

「仁和寺と御室派のみほとけ」の見所は?

真言宗御室派総本山の寺院と、全国の御室派寺院が誇る寺宝が大集結する「仁和寺と御室派のみほとけ」。どのような見所があるのかご紹介していきます。

●秘仏や本尊を含む仏像約70体が一堂に!

仁和寺創建当時の本尊・国宝「阿弥陀如来坐像および両脇侍立像」、秘仏・国宝「薬師如来坐像」など仁和寺が誇る仏像に加え、全国の御室派寺院の中から、葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」、道明寺の国宝「十一面観音菩薩立像」、中山寺の重要文化財「馬頭観音菩薩坐像」など、仏像ファンにはたまらない名宝の数々が一堂に会します。

●仁和寺所蔵の国宝「三十帖冊子」の全帖公開!

弘法大師・空海が入唐中に密教関係の経典や儀軌などを写した冊子本「三十帖冊子」が公開されます。三十帖冊子は修理されていましたが2014年度に完了しました。

書のファンを魅了してやまない空海ゆかりの書であり、最古の粘葉装冊子本としても知られている三十帖冊子。会期中の2週間限定で全帖が公開されるのも要チェックです。

●仁和寺の観音堂を展示室に再現!

一般非公開の仁和寺観音堂が展示室に再現されます。これは本展が平成24年12月から約5年間をかけて行われている観音堂改修工事を記念して開催されることにより実現するものです。

実際に安置されている仏像33体に加え、高精細画像で再現された壁画も用意されます。限りなく本物に近い観音堂の姿を体感してみましょう!

展示物を一部ご紹介!

ここからは、「仁和寺と御室派のみほとけ」の展示物を一部ご紹介します。どれも大変貴重なものばかりなので、ぜひ実際に足を運びその目で見てみてください。

●国宝 千手観音菩薩坐像

頭上に11面、大小あわせて1041本の手、手のひらそれぞれに一眼をもつという十一面千手千眼観音です。奈良時代・8世紀に作られ、大阪の葛井寺の所蔵。

千本以上の手を持つ千手観音像は、この像しか確認されていないという貴重なものです。

●国宝 阿弥陀如来坐像

仁和寺創建当時の本尊である、国宝の平安仏です。この阿弥陀如来坐像は腹前で両手を重ね合せる「定印」と呼ばれる手の形式をしており、これは制作年のはっきりしている日本の阿弥陀如来坐像の中で最も古いものです。

平安時代中頃の信仰・造形を考える上で大変貴重な仏像とされています。

●国宝 孔雀明王像

様々な厄災を払う密教修法・孔雀経法を修する際の本尊画です。中国・北宋時代11〜12世紀に制作されたもので、現在は仁和寺に収蔵。

3つの顔に6つの腕を持つ明王が大きな孔雀に乗っており、これは経典には見られない特異な図様で中国・北宋で制作されたことも含めると極めて重要なものとされています。

開催概要
名称:特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」
期間:2018年1月16日(火)〜3月11日(日)
休館日:月曜日
※ただし2月12日(月・休)は開館、2月13日(火)は休館
開館時間:9:30〜17:00
※毎週金・土曜日は21:00まで
※入館は閉館の30分前まで
場所:東京国立博物館 平成館(上野公園)
住所:東京都台東区上野公園13-9
アクセス:JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
料金:一般1,600円(1,400円)、大学生1,200円(1,000円)、高校生900円(700円) ※()内は前売り料金、中学生以下無料
公式サイトURL:http://ninnaji2018.com/