©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

視聴者から寄せられた“面白かったこと”“驚いたこと”“感動したこと”など「二人のお耳に入れておきたいこと」に対して、マツコ・デラックスと有吉弘行が好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

©テレビ朝日

8月30日(水)の同番組では、52歳・自営業の方から「島の人ってイメージされているほど人情味に溢れているわけではない」というメールが届く。

そこで屋久島出身の番組スタッフが島の人々から聞いた「お酒が強い」「魚や貝が好き」「泳ぎが上手い」など“ギャップに苦しむイメージ”が紹介される。

また、マツコと有吉が“島の人”にどんなイメージを持っているかと問われると「たしかに温かい人たちっていうような気はしているかも…」と話し、「そういうイメージをつけたテレビの責任は大きいわよね」とテレビが作り上げてしまうさまざまなイメージについて語り合う。

さらに、有吉がこれまでの人生で感じてきた“どこか冷めた自分”について明かし…?

©テレビ朝日

そのほかにもこの日の放送では、「肴や肉、果物などで『そこが一番美味しいところだよ』って、誰がどうやって決めたの?」というメールや、神聖なスポーツをちょっとエロイ目で見る旦那に腹を立てている主婦からの怒りのメールについて、マツコと有吉のふたりが議論を繰り広げる。