カールスルーエでは89試合に出場。15-16シーズンには10番を背負った。(C)Getty Images

写真拡大

 J1のジュビロ磐田が30日、MF山田大記の完全移籍加入が合意に達したと発表した。山田は11年から3シーズン半に渡って磐田に在籍。J2を戦った14年シーズン途中にドイツのカールスルーエへ移籍したが、完全移籍で古巣に復帰することとなった。
 
 本人は磐田の公式HPを通して「再びサックスブルーのユニホームを着て、プレーさせてもらうことになりました。自分を育ててくれたジュビロ磐田というクラブと応援してくれるサポーターの為に、自分にできることを精一杯やりたいと思います。ドイツで成長した姿を見せられるように頑張ります。ジュビロに関わる全ての皆さん、改めてよろしくお願いします」とコメント。クラブによれば、31日の午前練習から合流予定だという。