中盤の補強を目指すチェルシー、エヴァートンのMFバークリー獲得へ

写真拡大

 チェルシーがエヴァートンに所属するイングランド代表MFロス・バークリーの獲得に動き出している模様だ。29日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は今夏の移籍期間が終了するまでに最低でも3人の選手を獲得するようクラブに要求している模様で、その1人がバークリーとなるようだ。既にチェルシーはエヴァートンに対してバークリー獲得のオファーを提示していると見られており、移籍金は2500万ポンド(約36億円)となる見込みだという。

 チェルシーはアーセナル所属のイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンと合意間近と報じられていたが、選手本人がチェルシー加入を拒否したことから交渉は決裂したと見られている。そのため、チェルシーはバークリー以外にもスウォンジー所属の元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテやレスター所属のイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター獲得に向けて動き出しているようだ。

 バークリーとエヴァートンの契約は残り1年となっているが、バークリー自身が移籍を希望していることから契約延長の可能性は限りなく低いと見られている。エヴァートンは移籍金が発生する今夏中にバークリーを放出したいと考えており、同選手のチェルシー加入は現実的なものとなっている模様だ。