他人のさい帯血を無届けで使用 中止指導後に施設の見学会

ざっくり言うと

  • 京都市の医療法人運営者が、他人のさい帯血を無届けで使用していた問題
  • 容疑者は厚生労働省から、さい帯血の投与を中止するよう指導されていた
  • しかし指導後に医療関係者を集め、さい帯血保管施設の見学会を開いたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング