元バルサのシャビ、カタールで宝くじに当選「嬉しいサプライズだね」

写真拡大

 かつてバルセロナで活躍し、現在はカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスが一攫千金を手にしたようだ。スペイン紙『ラ・バングアルディア』が29日付で伝えている。

 同紙によると、シャビはカタールの民間銀行最大手「ドーハ銀行」が主催する預金キャンペーンの宝くじに当選。100万カタール・リヤル(約3000万円)の賞金を手に入れたという。この宝くじは同キャンペーンへの加入者を対象に定期的に行われており、同選手は今年3回目となる6月開催分の当選者となったようだ。

 幸運を引き当てたシャビは、「当選するとは思ってもいなかったことだけど、嬉しいサプライズだね」と喜びを口にしている。なお、昨年12月に同銀行の口座を開設したばかりで、わずか半年での“スピード当選”となった。

 シャビはカンテラ(下部組織)時代から2015年夏に退団するまでの24年間をバルセロナで過ごし、クラブ最多の公式戦767試合に出場。アル・サッドでは、今年4月に行われたカタールカップで優勝し、移籍後初タイトルを獲得していた。

(記事/Footmedia)