話題が話題を呼ぶとはまさにこのこと、ここ数年で人気を盛り返し、新たなかき氷がブームが起こっています。過去にもかき氷ブームの波は幾度となく訪れましたが、今回登場しているのは驚くほど進化したかき氷。見た目も味もバッチリなインスタ映えするかき氷に、行列の絶えないお店もあるほどです。この夏は混んでいて断念したというあなたも、9月に入れば食べやすくなるかもしれませんよ。ぜひ進化系かき氷を食べてみては?

見た目が芸術品のようなかき氷

昨今のかき氷人気は、この暑さに乗じてのものかと思いきや、どうやらそれだけではないようです。基本的に氷とシロップのみから作られるかき氷は、かき氷器さえあれば家でもできちゃうほどシンプルな氷菓子。しかし話題の専門店のかき氷は、氷の削り具合や盛り方、シロップの色により表現される氷の濃淡にいたるまで、芸術作品とも言えてしまうほどです。改良を重ね進化を遂げたかき氷は、特定のお店でしか味わえず、食べるために並ぶのは当たり前、なんと6時間待ちというお店もあるそうです。

人気の秘密は氷そのものにあり

何時間行列待ちしてでも食べたくなるかき氷とは、一体これまでのものとは何が違うのか気になりますよね。1つ目の秘密は使用する氷にあります。今人気を呼んでいるのは天然氷によるかき氷です。天然氷とは冬場に寒冷地で、人工池に水を張り自然に凍らせたものです。人工の氷との違いは、天然氷は数日かけて徐々に凍らしていくために、不純物や空気が押し出され、質が良くしかも硬い氷ができるとのことなんです。この天然の硬い氷は人工の氷と異なり、温度が高くなっても溶けにくいという特長があるため、薄い膜のように削って行くことが可能であり、サラサラとした独特な食感を作り出すことができるのです。

それから2つ目の人気の秘密には、個性的なシロップがあげられます。従来の果実系シロップのみならず、カカオやリキュール、ナッツなど様々なフレーバーのものが登場しています。シロップに加えトッピングもバラエティーに富むようになりました。お店によって個性的かつ独創的なかき氷が食べられるようになり、選ぶ幅が広がったのが今回のかき氷人気の秘密のようです。

かき氷をインスタに載せて楽しむのは当たり前

まだまだ続いていきそうなかき氷人気ですが、このブームに一役買ったのは、2011年に出版された蒼井優さんの著書「今日もかき氷」とも言われています。日常において何気なくかき氷を楽しむところに、心惹かれた方も少なくないでしょう。時には可愛く、時には芸術品とまでいえる存在感を放つかき氷は、カメラで撮ってインスタグラムなどのSNSにアップするのも(SNS投稿の際にチェック!左から撮った方が美人に写る)、かき氷の楽しみ方の一つとなっているようです。昔はかき氷といえば夏限定のものでしたが、今では一年中食べることのできるお店もあります。おかげで夏の間にかき氷を食べそこねるということがなくなりましたが、やっぱり美味しいのは夏の時期。残り少ない夏ですが、いろいろなかき氷を味わってみるために、かき氷行脚に出かけてみたくなりますね。


writer:Akina