「群馬サファリパーク」で飼育員が象に踏まれる 腰の骨を折る重傷

ざっくり言うと

  • 「群馬サファリパーク」で30日、飼育員の男性が、約2トンのゾウに踏まれた
  • 男性は29日から研修を始めた35歳のインドネシア人で、腰の骨を折る重傷
  • 男性はゾウを寝室から展示場へ運ぶ際に、前足で踏まれたとみられるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング