ガブリエル・ジェズスはコウチーニョのクオリティを称賛

写真拡大

セレソン(ブラジル代表)ではフィリペ・コウチーニョのバルサへ移籍するという意志を後押しする声が聞こえている。
ブラジル代表内で彼を囲む雰囲気と最近3週間、彼がリバプールで過ごしてきた雰囲気は大きく異なるようだ。

2人のチームメイト、GKのアリソンとストライカーのガブリエル・ジェズスはロシアW杯予選のブラジルとエクアドルの一戦のための記者会見の席で公にコウチーニョへの支持を示した。

自身の見解を最もハッキリ示したのはローマのGK、アリソンだった。
「全ての選手達がキャリアのプランを持つ。選手達の下す決断は尊重されるべきだ。コウチーニョは現在、セレソンに集中している。その意味で彼は非常に良くやっていると思う。」

一方、プレミアではコウチーニョのライバルであるガブリエル・ジェズスはこのように語った。
「コウチーニョは移籍金を支払うだけの価値を持つ選手だ。選手の価値を決め、いくら費やすかを決めるのはクラブだ。」