イ・スンウは近日中にバルサを離れる必要がある

写真拡大

バルサBのイ・スンウはクラブを去る必要がある。メッシとも比較された韓国人ストライカーのイ・スンウにバルサでの居場所はない。ラ・リーガ1/2/3(セグンダ・ディビシオン)ではEU圏外の選手は2人までしか保有できない。その2枠にはアントニー・ロサノ(ホンジュラス)とヴィチーニョ(ブラジル)がすでに入っている。

そして、19歳のイ・スンウにはイタリアが有力な行き先となっている。セリエAのヴェローナがここに来て同選手獲得に本腰を入れてきており、移籍のために150万ユーロ(約2億円)を支払うことに前向きだとイタリアで報道されている。

同報道によれば、明日にもウェローナでのメディカルチェックをパスするかもしれないとされている。また、イ・スンウにはディナモ・ザグレブも興味を強く示しており、バルサで将来を嘱望されたイ・スンウの退団が非常に現実的となっている。