オーストラリアのシドニー・ハーバーブリッジを走行する車(2008年6月3日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オーストラリア・シドニー(Sydney)で行われたオークションで、数字が1桁の白黒ナンバープレートが過去最高の245万豪ドル(約2億1500万円)で落札された。落札者は中国系オーストラリア人で、大人のおもちゃのビジネスで財を成した人物だと報じられている。

 オークションに出品されたのはニューサウスウェールズ(New South Wales)州が交付した「4」のナンバープレート。予想落札価格は最高150万豪ドル(1億3000万円)だったが、実際にはこれを大きく上回る245万豪ドルの値が付いた。これはシドニーの平均的な一軒家の価格の2倍以上。

 今回のオークションを行ったシャノンズ(Shannons)は、「ニューサウスウェールズ州はこのようなナンバープレートをこれまでに9枚しか交付していないため、かなりの収集価値があり、替えがきかないものだ」と述べている。

 シャノンズ社は落札者に関する情報の公表を拒否しているが、現地紙シドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)は、この人物について中国系オーストラリア人で大人のおもちゃのビジネスで財を成したピーター・ツェン(Peter Tseng)氏と報じている。

 同紙によると、ツェン氏はシドニーのオークション会場に28日夜、「2」のナンバープレートを付けた赤いフェラーリ(Ferrari)で乗り付けた。

 ツェン氏は香港(Hong Kong)で「1」のナンバープレートを所有しているほか、シドニーでは1969年型のメルセデス(Mercedes)車に「ONE」のナンバープレートを登録していると報じられている。

 これまでのナンバープレートの最高落札額は、ニューサウスウェールズ州が交付した「2」で、2003年のオークションで68万9000豪ドル(約6000万円)の値が付いたという。

【翻訳編集】AFPBB News