画像提供:マイナビニュース

写真拡大

地域密着型WEBマガジン・恵比寿新聞は9月15日から10月31日までの46日間、「第三回 恵比寿の料理人が考える!ヱビスビールに合う逸品グランプリ」を開催する。

同イベントは、恵比寿の名店42店舗がヱビスビールの味に合わせた料理をペアリングする、ビール好きにはたまらない食べ歩きイベント。参加者の投票方式で、グランプリが決定する。

恵比寿の地名の由来となったヱビスビール発祥の地で、"ヱビスビールとのマリアージュ"を競う。世界一ヱビスビールがおいしく飲める街「恵比寿」のフードクリエイションイベントとなる。

2015年大会の参加店は20店舗、2016年大会は36店舗。今年2017年大会の参加店は過去最大の42店舗となり、ヱビスビールの特徴のある味に合わせた創作料理を考案し店舗で提供する。フレンチ・イタリアン・中華・和食とさまざまなジャンルの名店が参加。参加店は9月1日、逸品グランプリオフィシャルFacebookページにて発表される。

各飲食店がイベント期間中「逸品+ヱビスビール=1,000円」で提供するルールを制定。食文化が多様な街「恵比寿」だからこそ、ヱビスビールに合わせたさまざまなジャンルの創作料理をリーズナブルに楽しむことができる。

期間中は、いわゆるペアリングだけでなく、さまざまな楽しみ方が可能。お店独自の「名物」や「隠れメニュー」など他の料理も堪能してみたり、冊子の最後のページ「スタンプページ」にハンコを30店舗以上集めてアフターパーティーに参加したり、冊子を持っている同士で交遊を深めたり情報交換をしたり、あるいはハッシュタグ「#ebisugp」でつぶやかれた情報をキャッチしたりと、思い思いのやり方でイベントを楽しむことができる。

開催期間は、9月15日〜10月31日。参加店は42店舗(9月1日公開)。