食べ応え抜群の「グリル コンボディナー ゴーローカル」のメイン料理 (C)oricon ME inc.

写真拡大

 伊豆産の鹿肉に和歌山産の真鯛など、旬のローカルフードを使った贅沢グリルディナーが、9月1日より東京マリオットホテル(東京・品川区)のレストラン「ラウンジ&ダイニングG」に登場する。今夏一斉オープンした5つのマリオットホテル(軽井沢・富士山中湖・伊豆修善寺・琵琶湖・南紀白浜)の開業を記念し、ゆかりの地の美味を東京で堪能できるよう仕上げた特別メニューとなっている。

【画像】シャンパンのフリーフローが楽しめるラウンジメニュー

 新メニュー「Grilled Combo Dinner〜Go Local〜(グリル コンボディナー ゴーローカル)」(1名7500円)の前菜は、ふわりと青柚子が香る和歌山産真鯛の湯引きマリネ。爽やかな一皿に続くスープは、長野産キノコをふんだんに使った芳醇なポタージュで、ひと足先に秋気分を満喫できる。メインは豪快な串焼きスタイルで提供される、伊豆産の鹿肉とサーロイン、甲州富士桜ポーク、京鴨の「グリルコンボ」。真空調理とグリルで仕上げた肉は厚切りながら柔らかく、香ばしい。4種いずれも肉本来の旨みを存分に堪能でき、なかでも滋味あふれる鹿肉はジビエ好き必食と言えそう。

 食事とともにシャンパンやワイン、カクテルがフリーフローで楽しめる人気ラウンジメニュー(女性6000円、男性7500円)もローカルフードをふんだんに使用して展開。京鴨ロースト、富士ニジマスの燻製、ビワマスのリエット、シラスと桜えびのタルトなどが並ぶ。今回は、フリーフローにメゾン自らぶどうの栽培・醸造を行う小規模生産のシャンパーニュ「パスカル ドケ」が加わったのも見逃せない。

 また、同日、マリオットブランド創業90周年記念のフェアもスタート。アメリカの禁酒法時代をテーマにユニークなドリンクを提供する「Speakeasy Cocktail(スピークイージー カクテル)」と、ペプシとコラボしたアフタヌーンメニュー「−Classic America− Pepsi Afternoon(クラシック アメリカ ペプシ アフタヌーン)」(1名4200円)は、フォトジェニックなメニューがズラリ。ローカルフードグルメと合わせて楽しんで。