勝ったほうが、その時点でW杯切符をつかむ大一番。31日のW杯アジア最終予選で日本代表と対戦するオーストラリア代表は30日、試合会場の埼玉スタジアムで公式練習を行った。練習前の公式会見に出席したアンジェ・ポステコグルー監督は「W杯予選では常に勝利を目指してきた。それこそがチームのDNAに入っている。明日もそれは変わらない」と自信をにじませた。

 サウジアラビアの敗戦で追い風が吹いたのはオーストラリアも同じだった。前日29日、サウジアラビアがアウェーでUAEに1-2で敗戦。日本、サウジアラビア、オーストラリアによる“三つ巴”の争いとなっているB組において、サウジの敗戦は日本にとっても、オーストラリアにとっても朗報だった。

 サウジアラビアの結果を受け、オーストラリアは日本戦に勝てば最終節を残してB組2位以内が確定することになったが、ポステコグルー監督は「特に明日に向けたアプローチが変わるということはない。今までどおりやっていくだけ」と淡々。サウジアラビアの結果にも気を緩ませず、「明日勝てばW杯出場を決めることができる」と必勝を誓った。

 オーストラリアにとって日本は過去のW杯予選で2勝5分と相性のいい相手だが、「明日は日本もオーストラリアも同等な立場で対戦する。私たちは日本の選手たちをリスペクトしているし、彼らも私たちに対してそうだと思っている」と指摘。「厳しい試合になることは分かっている。これまでも順調に進んでいるし、明日も同じ姿勢で進むだけ」と、自信を持って決戦に臨む。

 オーストラリアをロングボール主体の攻撃からポゼッションサッカーに転換させた指揮官は6月のコンフェデレーションズ杯で一貫して3バックを採用するなど、新たな風を吹き込んでいる。チリ戦では従来のフィジカル重視の戦いに持ち込むなど、試合によって戦い方を変える柔軟性もある。日本戦の戦術については「明日はとにかく試合を支配したい。フィジカル重視かどうかはその場で最善の策を取っていくし、スペースを有効活用したほうが勝つのかなと思っている」と言葉を濁した。

 会見では、オーストラリアメディアから日本のバヒド・ハリルホジッチ監督がオーストラリア戦の結果次第で解任される可能性があると日本で報道されていることについても質問が出た。「日本には監督の去就など、さまざまな噂がある。それはオーストラリアに優位に働くと思うか?」。単刀直入な質問にポステコグルー監督は正面からは応じず、「日本は常に大きな期待にさらされているチーム。長らくアジアにおいてサッカー強国として君臨してきた。明日も期待を背負って彼らは戦うと思う」と話すにとどめた。

(取材・文 佐藤亜希子)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧