アーセナルがエース放出拒否! マンCから破格71億円オファーも応じず トレードには興味か

写真拡大

来夏契約満了のサンチェス、スターリングとのトレード話も浮上

 マンチェスター・シティはアーセナルとの契約が残り1年となったチリ代表FWアレクシス・サンチェスに移籍金5000万ポンド(約71億円)という破格オファーを送ったが、これを拒否されていたことが分かった。

 英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

 アーセナルはサンチェスとの契約延長を熱望しているが、すでに契約が残り1年を切った現在も、新契約締結には至っていない。サンチェスもシティ移籍を熱望しているとも言われているが、アーセナルは来夏にフリーとなる選手に対するオファーとしては異例の高額オファーを拒否したようだ。

 アーセナルは71億円の打診を拒否したものの、イングランド代表FWラヒーム・スターリングを含めたトレードに興味を示しているというが、その場合はアーセナル側が「サンチェス+金銭」という取引になると見られている。

 サンチェスはコンフェデレーションズカップ参戦の影響もあり、チームへの合流が遅れて先週末のリバプール戦で今季初出場を果たした。コンフェデ杯開催中、スカイによる取材で「今夏、アーセナルに残留するのか」という質問を受けたサンチェスは「分からない」とコメントし、移籍に含みを持たせていたという。

 果たしてチームの看板選手であるチリ代表のストライカーの去就は、どのような決着となるのだろうか。

【了】



フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images