初心者でもドローンレースにチャレンジ!

写真拡大

バンダイグループでラジオコントロール玩具などを手がけるシー・シー・ピー(東京都台東区)は、ドローン「ラジオコントロール レーシングテトラル」を2017年8月下旬に発売する。

スマホと連携すればさらなる楽しみも

付属の専用コントローラーのボタンをワンプッシュするだけで離陸。内蔵の気圧センサーにより高さを自動コントロールするほか、片手で操縦できる「ビギナーモード」を搭載し、初心者でも手軽に飛行が可能だという。

付属の「プレイベース」を赤外線ミサイルで撃つ「バトルゲーム」をしながらホバリング練習できる。また2人では互いを赤外線ミサイルで撃ち合う「エアバトル」も可能だ。

さらに、操縦に慣れれば最大8人が参加できる「レース」も楽しめる。プレイベースが周回をカウント。iOS 8〜/Android 5〜向けスマートフォンアプリ「Racing Tetral」と連動すれば、レースのラップタイムやバトルゲームのコンプリートタイムなどを表示できる。

本体はリチウムイオンポリマー充電池を内蔵し、約40分の充電で約5分の連続飛行が可能。コントローラーは単3形乾電池×3本、プレイベースは単4形乾電池×2本が別途必要。

価格は9480円(税別)。