【ビルボード】桑田佳祐『がらくた』総合アルバムを完全制覇、スピッツ&欅坂46に続くロングヒットなるか

写真拡大

 2017年9月4日付の総合アルバム・チャート“Hot Albums”では、桑田佳祐の約6年ぶりソロ・アルバム『がらくた』が、このチャートを構成する全指標で1位を獲得し、総合アルバム首位に輝いた。

 桑田佳祐のソロ活動30周年を飾るアルバム『がらくた』は、ソロ名義のオリジナル・アルバムとしては前作『MUSICMAN』以来約6年ぶりとなるもの。CDを初週累計で168,681枚売り上げてこの部門1位。ソロ・アーティストのアルバムとしては、2017年トップの初週売上枚数を記録している。また、ダウンロードでも2位以下を大きく引き離すユニット数で1位。さらにはルックアップでも大差で1位なので、パッケージと合わせて、収録されている楽曲への高い注目度もうかがえる結果となった。“Hot Albums”全指標で1位を獲得したのは、2017年下半期だとスピッツ、欅坂46に続く3組目で、上記2組の作品がロング・ヒットを記録していることから、この『がらくた』の今後の動向にも引き続き注目していきたいところだ。

 総合2位となったのは、“アイマス”シリーズ最新作『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 01』。ダウンロードとルックアップが伸び悩んだものの、CDを初週累計で18,434枚売り上げてこの部門2位。このCDセールスのポイントが牽引して、総合アルバムでも順位を守り切った形だ。続く総合3位は、麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜の3人組声優ユニットTrySailの2ndフル・アルバム『TAILWIND』がチャート・イン。CDセールス3位、ダウンロード12位、ルックアップ21位と、各指標のランクが高水準となっている。

 前述の通り、スピッツと欅坂46は依然好調だ。スピッツのシングル・コレクションはCDセールス9位、ダウンロード8位、ルックアップ2位、欅坂46の1stアルバムはCDセールス8位、ダウンロード35位、ルックアップ3位となり、それぞれ総合アルバム4位、5位と続いている。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『がらくた』桑田佳祐
2位『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 01』V.A.
3位『TAILWIND』TrySail
4位『CYCLE HIT 1991〜2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』スピッツ
5位『真っ白なものは汚したくなる』欅坂46
6位『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』Mr.Children
7位『TYCOON』UVERworld
8位『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』Mr.Children
9位『PHANTASY STAR ONLINE 2「QUNA」』クーナ(喜多村英梨)
10位『BLACK TRAIN』長渕剛