アミメキリンのオスの赤ちゃん

写真拡大 (全3枚)

 東京都羽生市にある羽村市動物公園では、7月21日に生まれたアミメキリンの赤ちゃんの愛称を募集している。募集期間は9月3日まで。園内のサバンナ園キリン舎前や動物公園出口横で投票を受け付けている。

 羽村市動物公園で7月21日早朝に生まれたオスのアミメキリンの赤ちゃんは、今では身長が約180cmを超え、すくすくと元気に成長しているという。8月5日からは一般公開を行っており、元気に走り回ったり大人が食べている草をつまんだりする可愛らしい姿を見ることができる。

 赤ちゃんキリンの愛称は、父「タツキ」、母「小町(こまち)」から考えられた5つの候補の中から一般投票により決定する。候補は「コテツ」「コツキ」「コマキ」「タツマ」「ゲンキ」の5つ。受付締切り後、9月9日に園内のポスターやWebサイト、ブログなどで決定した愛称が発表される予定だ。

 羽村市動物公園の入場料は、4歳未満が無料、4歳〜15歳(中学生)が50円、15歳〜65歳未満が300円、65歳〜75歳未満が100円、75歳以上が無料。週末、元気に走り回る赤ちゃんキリンを間近で見て、ぴったりな名前を選んでみてはいかがだろうか。

◆アミメキリンの赤ちゃん 愛称募集

募集期間:2017年8月22日(火)〜9月3日(日)

応募方法:羽村市動物公園内 サバンナ園キリン舎前・動物公園出口横にて投票

愛称発表:2017年9月9日(土)予定(園内ポスター、Webサイト、ブログなどで発表) 《リセマム 畑山望》