©マツコ&有吉 かりそめ天国

写真拡大 (全2枚)

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「二人のお耳に入れておきたいこと」に対して好き勝手にトークをしていく番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水曜日よる11時15分〜)。

同番組では、ある業界においては大きな話題となっているニュースを紹介するコーナー「業界幸せニュース」が毎回放送後にネット上などで大きな反響を巻き起こしているが、8月30日(水)に放送される同コーナーでは、金魚すくい業界の驚きのニュースが紹介される。

金魚すくい道場を主宰している男性から寄せられたそのニュースは、「金魚すくい界に全国選手権で3連覇を果たした天才中学生が現れました」というものだ!

©マツコ&有吉 かりそめ天国

今年、将棋界に彗星のごとく現れた天才中学生・藤井聡太四段が日本中の注目を浴びる存在となったが、この“金魚すくい界の天才中学生”は、金魚すくいの腕日本一を決める「全国金魚すくい選手権」の小中学生の部で3連覇を成し遂げている逸材だという。

全国から予選を勝ち抜いた500人もの選手が集まる同大会とあって、2連覇はあっても3連覇はないとのこと。それだけに、業界はそのスゴさに驚いているようだ。

そんな天才中学生の技が、「大量すくい」!

全国金魚すくい選手権では、制限時間3分のあいだにどれだけ金魚をすくえるかを競うのだが、彼は金魚すくいをやったことがある人ならば誰もが信じられないほどの数の金魚をすくってみせる。

番組では、そんな彼が実際に金魚すくいをしている模様を紹介。その姿を見た有吉弘行は、「“かまえ”が違う!」「ウソだろ?!」と驚きを隠せずにいた。

一体、どんな方法で金魚を大量にすくうのか? 必見だ!