韓国外交部=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】国連安全保障理事会が29日午後(日本時間30日午前)の緊急会合で、北朝鮮による日本上空を通過した29日の弾道ミサイル発射を非難する議長声明を採択したことについて、韓国外交部の当局者は30日「歓迎する」とし、「北の核・ミサイルを絶対に容認しないという断固たる意志を国際社会が重ねて表明したものと評価している」と述べた。その上で、「北は国際社会の警告を深刻に受け止め、非核化に向けた対話の道に速やかに出てくるべきだ」と指摘した。

 この当局者はまた「政府は国際社会と共に北に対する安保理の制裁決議を忠実に履行する一方、北の根本的な非核化と朝鮮半島における恒久的な平和定着を目指し努力を続けていく」と述べた。