2017年8月23日に放送されたTBS系ラジオ番組『たまむすび』。お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉さんが語ったのは、メールのやりとりをしていて「雑だな」と感じる人の特徴でした。

大吉さんが一番に思い出した「雑な人」の特徴

この日の番組テーマは『雑だな〜エピソード』と題して、リスナーから投稿を募集。

大吉さんは「自分はそんなつもりなくてもさ、(相手に)『なんか雑だな〜』と思われることあるでしょ?」と前置きしたうえで、自身がパッと思い浮かべた雑な女性の特徴について話しています。

それは、メールのやりとりをしている時に感じることだそうです。その特徴とは…。

メールの件名欄に返信する度に付く「Re:」が5個以上たまる女の人

たまむすび ーより引用

メールを返信すると、件名欄に「Re:」が追加されていきます。メールのやりとりを重ねる度に、その数は増えていく一方です。

大吉さんも常に「Re:」を消すという訳ではないようですが、5個以上になると「さすがに多いなと思って。題名のところを消して、『Re:』を自分で減らして送り返すんです」と説明しました。

それでもやりとりする相手が雑だと、また件名に「Re:」がたまっていってしまうとのこと。

大吉さんとともにパーソナリティーを務めるTBSの笹川友里アナウンサーは大吉さんの話を聞き、「細かい」とコメント。

どうやら、笹川アナは「Re:」を気にして消すタイプではなく、大吉さんが思う「雑な女性」に該当するようです…。

世間の人々からも共感の声

それ分かります。私もメールが来る度に「Re:」消しますね。自分は1つでも付いていたら消します。確かに「Re:」が大量に付いているやりとりは好きじゃない。大吉さん、マメな人だったんですね。私は特に気にしない派ですが、やっぱり、気にする方もいるんですね。気を付けます。

どうやら、大吉さんのように「Re:」が付いていることに耐えられないという人は多いようです。

最近は連絡手段はもっぱらLINEだという人も多いでしょう。メールを使う際には、「Re:」を消して返信することを思い出すとよいかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]