画像提供:マイナビニュース

写真拡大

新京成グループの船橋新京成バスは9月1日、宅配便の荷物が都合のいい時間に都合のいい場所で受け取れる「オープン型宅配便ロッカー(PUDOステーション)」を、新京成線の鎌ヶ谷大仏バスのりばに新設する。利用時間は終日で、対象者はヤマト運輸の個人会員(クロネコメンバーズ)と佐川急便の登録会員(予定)となる。

すでに先行している新京成線の駅への設置に加え、グループのバスのりばにも設置をすることで、新京成沿線の住人の利便性向上や、再配達削減による環境負荷の軽減を目的としている。

鎌ヶ谷大仏バスのりばは新京成線鎌ヶ谷大仏駅に隣接し、船橋駅方面をはじめ、船橋市北部、白井市方面へ向かう7系統の始終点となっている交通拠点。このため、一定の需要が見込まれ、設置によるサービス向上効果が高いと判断した。