「ビビットが独自取材を続けて来た『生き人形』作家の女性の詐欺疑惑、きのう(2017年8月29日)、その作家とマネージャーが逮捕されていたことが明らかになりました」とキャスターの真矢ミキが伝えた。

今月17日(2017年8月)に岡山地検に逮捕されていたのは堀佳子容疑者(54)とマネージャーの渡辺志保容疑者(54)。2人は2013年3月から4月ごろ、岡山県に住む男性(55)から人形制作や事業資金として815万円をだまし取った疑いだ。堀容疑者はこれまで男女3人から計8700万円を借りたまま失踪し、詐欺の疑いで告訴されていた。いったい金はどこへ行ったのか。

金銭めぐりやりあう2人

ビビットは2人の会話を録音した音声を入手した。それによると、

渡辺「どこにいるの?返済は?」

堀「どこに対する返済ですか? 今までのお金はどこに行った訳? 一杯渡しているけど。あの3000万円もどこへいった訳?」

渡辺「その3000万円って、なんなの」

2人の会話のほかに金に関する証言もある。堀容疑者を一時期かくまったという50代の男性は「2人が騙し取った金は5億円から7億円ぐらいか。堀容疑者からはマネージャーに脅かされ、マネージャーにお金を渡していたと聞きました」と語っている。また最近まで堀容疑者の支援者だったという60代男性は「渡辺容疑者の周囲に複数の人物がいて、その人たちに金が渡ったのではないか」とみている。

司会の国分太一「堀容疑者とマネージャーはかなり激しくやり合っていましたね。謎は深まる一方ですね」

堀尾正明アナ「なにか大きな組織の存在を考えざるを得ないですね」

生き人形作家をめぐるトラブルの背景には、どす黒い金の動きがあるのかもしれない。