「龍が如くスタジオ新作発表会」の不適切な発言についてセガが回答

写真拡大

2017年8月26日、セガゲームスが秋葉原で開催していた「龍が如くスタジオ新作発表会」。本イベント中、登壇者から不適切な発言があったとして、セガの韓国グループ会社であるSega Publishing Koreaより謝罪の声明文が掲載されていることが分かりました。

また、8月27日付けでYouTubeにアップされていた発表会のアーカイブ動画が削除されており、記事執筆時点で観覧できない状態になっています。

本件について、インサイド編集部が日本のセガゲームス広報に問い合わせたところ、誰のどのような発言に問題があったのか、具体的な回答は得られなかったものの、「最後にプレイヤーに対するコメントを求めた際に登壇者のおひとりからされたご発言です。不快に思われる方々がいらっしゃる可能性に鑑みたためです」との説明がありました。

セガゲームスの日本国内での対応については、「世界中のゲームプレイヤーに感動体験をお届けすべく努めているところで、誠に遺憾です」としながらも、現状のところ国内で同様の声明を出す予定はないということです。いわく「本件がゲーム内容に関連するものではなく、販売・開発のいずれに対しても影響は想定していない」との見解でした。

なお、発表会のアーカイブ動画を削除したのは、「登壇者のおひとりによる発言に不適切なものがあったと判断」したことによるもので、一度公開していたすべての動画サイトにおける再公開に向けて準備をしているということです。

■関連リンク
Sega Publishing Korea