AKB48 田野優花、岡部麟が語った兄とのエピソードに興奮 「恋しちゃう!」

写真拡大

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)8月29日放送分では、AKB48メンバーの家族がゲストで登場し、各メンバーと一緒に歌を披露する「家族愛No.1決定戦」がオンエアされた。

参考:AKB48 チーム8、『会いたかった』公演で磨いた表現力 2年間の集大成見せた千秋楽レポート

 エントリーNo.1として中西智代梨が登場し、母親と一緒にkiroroの「未来へ」を披露。中西はAKB48の中でもバラエティ能力の高いメンバーのひとり。彼女の活躍をTVで観てきた母は「昔からバラエティ路線でしたね。生まれた時から」と娘の印象を語ると、中西も「ビデオとかも全部変顔やったり」と同意した。MCのウーマンラッシュアワー村本大輔が「中西がいつもよりバラエティ感抑えている」と指摘すると、中西も「変な感じなの。お母さんが隣にいると」と意外な一面を覗かせた。ふたりが「未来へ」を歌唱すると、村本が「家の中の空気が伝わってきた。幸せな家庭なんだなって」と感想を述べた。

 続いて長久玲奈が登場し、父親とのギターデュオでAKB48「GIVE ME FIVE!」に挑戦。ブレイクのきっかけが弾き語りだった長は、父親の影響でギターを始めたという。父親にギターを教えてもらっている長は、「めっちゃ怖いんですよ。ギターに関して。『弾いて』と言われて弾くんですけど、携帯を触りだすんですよ。すごい悔しくて頑張ってます」とほっこりするエピソードを披露。村本が長がAKB48に入って天狗になっていないかと父親に質問すると、父親が「そうかもしれない。勉強に力が入っていない」と暴露し、長は「勉強は諦めました」と本音を告白した。演奏後に長は「お父さんは憧れでもあるので、一緒に弾けて嬉しいです」とコメントした。

 最後のトークでは、岡部麟が兄妹愛を感じる兄とのエピソードを披露。友人から岡部の連絡先を聞かれている兄の姿を目撃したという岡部。「誰も聞いていないと思っていたみたいで。私は聞いていたんですけど、誰も傷つかないように優しく断ってくれたのに感動しちゃいました」と、岡部が語り、メンバーが感動を示す中で田野優花だけが「恋しちゃう!」と斜め上をいく感想を一言述べた。すると村本は、「次はお前がお兄ちゃんの電話番号きくんじゃないだろうな」と田野にツッコミを入れた。

 次回9月5日の放送回では、『エンタの神様』に出演した長久玲奈の舞台裏に迫る「Road to エンタの神様」がオンエアされる。(向原康太)