今回はアメリカ生まれの犬種の中からも、その名に「アメリカ」の文字を冠す犬種をご紹介します!

アメリカ原産の犬種1.アメリカン・コッカー・スパニエル(American Cocker Spaniel)

イギリスから初めてアメリカへ渡った移民が連れていたのが、イングリッシュ・コッカースパニエルです。そのイングリッシュ・コッカースパニエルを祖先として、アメリカン・コッカースパニエルが誕生したといわれています。イギリスでは猟犬として活躍していましたが、アメリカでは主に愛玩犬として改良が加えられています。近年ではディズニー映画の『わんわん物語』に登場したことでも有名です。

平らな頭頂部には垂れ耳を持ち、筋肉質な身体には厚めの長毛の被毛が特徴的な中型犬です。カラーはクリーム、ブラック、ダークレッドブラウンなどが見られます。

好奇心が強く、賢く遊び好きな明るい性格です。警戒心が少なく、人懐こい友好的な犬種でもあります。運動が大好きで体力があるため、毎日1時間程度の散歩は欠かせません。賢く遊び好きな面もあるため、ドッグスポーツにも向いています。被毛の厚いダブルコートには週に3回以上のブラッシングに加え、月に1回はトリミングが必要です。

アメリカ原産の犬種2.アメリカン・スタッフォードシャー・テリア(American Staffordshire Terrier)

イギリス移民より持ち込まれたスタッフォードシャー・ブル・テリアを祖先とし、闘犬として改良を重ねられました。

筋骨隆々のがっしりとした体型で体の下部に重心があるため、闘う際に安定した態勢を保つことができます。瞬発力と機敏さといった優れた運動神経に合わせて強靭な顎を持ちます。被毛は光沢を放つ短毛で、垂れ耳と垂れ尾を持ちます。

見た目に反してとても優しく友好的な性格です。闘犬として飼い主への忠誠心が非常に強い反面、防衛本能も高いため、危険が及んでいる際には攻撃性を見せることがあります。顎の力が強い犬種でもあるため、十分な知識とコントロール力を持つ飼い主に飼育される必要があります。基本的には愛情深く優しい性格です。叱るしつけではなく、褒めるしつけで信頼関係を築きましょう。

エネルギッシュな犬種のため、しっかりとした運動が必要です。1時間ほどの散歩を1日に2回以上行い、公園や庭でも思い切り遊んであげましょう。

アメリカ原産の犬種3.アメリカン・エスキモー・ドッグ(American Eskimo Dog)

アメリカン・スピッツの別名を持つアメリカン・エスキモー。第一次世界大戦中のアメリカ国内で起きた反独感情の影響で、改名された歴史を持ちます。典型的なスピッツ系の犬種のため、実際には現在でもスピッツと呼ばれる場合があります。

小さな立ち耳は分厚く、ふわふわとしたロングコートの被毛は厚めの二層で防水性と防寒性があります。コンパクトな身体にはふさふさの巻き尾を持ちます。スタンダード、ミニチュア、トイの三種がいます。

賢く活発、フレンドリーで明るい性格です。飼い主を喜ばせることが大好きで、他のペットや子どもとも仲良くすることができます。信頼関係を築くことで、従順なパートナーとなってくれるでしょう。

活発で運動好きのため、毎日のしっかりとした運動が必要です。散歩に加えて、知能を使った遊びやゲームをさせてあげましょう。二層の被毛には抜け毛やむだ毛も多いため、頻繁なブラッシングやコーミングが必要です。

アメリカ原産の犬種4.アメリカン・フォックスハウンド(American Foxhound)

イギリス植民地時代にイングリッシュ・フォックスハウンドを元として作出されました。初めにアメリカへフォックスハウンドタイプの犬を持ち込んだ『ロバート・ブルック』にちなみブルック・フォックスハウンドという別名を持ちます。古くから猟犬として飼育されていましたが、現在でも家庭犬よりも猟犬として活躍しています。

被毛は硬めのスムースコートで、垂れ耳と垂れ尾を持つ大型犬です。弾力性に優れた後ろ足と、独特な吠え声が狩猟能力を高めています。

従順で行儀がよく、マイペースで忍耐強い性格です。猟犬らしく活発で運動が大好きなため、非常に多くの運動量が必要です。元来、猟犬として飼育されているため、自然の多い場所での飼育が望ましく、都会などの家庭で飼育するのは難しいといわれています。

アメリカ原産の犬種5.アメリカン・ウォーター・スパニエル(American Water Spaniel)

アメリカン・ウォーター・スパニエルの作出については、一切の記録が残っていません。しかしながら、アメリカにおいて鳥獣狩猟犬として大変優れた能力を発揮してきました。現在ではウィスコンシン州の「州犬」とされています。

中型犬に分類されますが、大きなガチョウを咥えて運べるほど頑丈な鼻口部と、捕まえた鳥を傷つけないための上唇を持ち、体格は筋肉質で水陸両方に適応した頑強な四肢を持ちます。よだれを垂らす個体もいます。

飼い主や周囲を喜ばせることが好きな、感受性が強く明るい性格です。その名の通り水が大好きです。楽しいことも大好きなため、水場での遊びや知能と使うような運動をさせてあげましょう。1週間に1回のブラッシングと、長い垂れ耳には定期的なお手入れが必要です。

まとめ

犬は人間の子供と同じ地位を持つといわれ、当たり前に家族として扱われるアメリカ。そんな愛犬家国家の一つである「アメリカ」の名を冠すアメリカ原産の犬種を紹介しました。