ナダル、屋根を閉じた状態のスタジアム内の騒音に不満[全米オープン]

写真拡大

ラファエル・ナダル(スペイン)は、開閉式の天井を閉めたアーサー・アッシュ・スタジアムはうるさすぎると言う。
大会2日目にドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)にストレートで勝利した後、対戦相手がボールを打つ音が聞こえないほどうるさかったと苦情を述べた。

これは、1億5000万ドルの開閉式の天井が付けられて初めて開催された昨年の「全米オープン」でも指摘があった、「20,000人の群衆の声援が集められ、唸り音を立てる蜂の巣や、急流の滝のような低い雑音を生み出す」という他のプレーヤーやファンによる説明と似ている。

米国テニス協会の常任理事であるゴードン・スミスは昨年、同組織はこのスタジアムでの周囲騒音の程度について詳しく検討すると話した。

ナダルの試合は、絶え間ない雷雨の影響で、火曜日に行われた7試合のうちで日中に終了した唯一の試合だった。(C)AP(テニスデイリー/ワウコム)

※写真は「全米オープン」で1回戦を突破したナダル
El español Rafael Nadal devuelve ante el serbio Dusan Lajovic durante la primera ronda del US Open, el martes 29 de agosto de 2017. (AP Foto/Frank Franklin II)