日本のある名物料理の写真が韓国のネット掲示板で紹介され、そのビジュアルで韓国の人たちを驚かせている。資料写真。

写真拡大

日本のある名物料理の写真が韓国のネット掲示板で紹介され、そのビジュアルで韓国の人たちを驚かせている。

掲載されたのは「鯛(たい)めし」の写真。投稿によると、ミシュランの星を獲得した日本の飲食店のメニューだそうで、土鍋ご飯にタイ1尾が丸ごと載っている。恐らく炊き上がったところでタイの身をほぐし、混ぜご飯のようにして供されるのだろうが、投稿者は「ご飯の上に魚の身だけでなく丸ごととは!この『魚飯』、生臭くないのだろうか?」と、そのビジュアルにとにかく驚きおびえているようだ。

これには他のユーザーからも「うう…食べたくないビジュアルだ」「ご飯に直接魚を載せたらさすがに生臭くなりそう」と引き気味の声が上がり、「いや、きっと生臭くならないように何か手を打ってあるはずだ」「たぶん魚がタイだからあまり生臭くならないんだろう」「腐ったタイでなければ大丈夫だ」「しかし難易度が高そうな料理だね。単純なものほど難しいとは言うけど」「日本人は鋭い舌を持ってるから、生臭い魚を使うわけがない」など、どこか日本料理に期待したいといった願望がうかがえるコメントもみえる。

そして、和食通と思われるあるユーザーが「このまま食べるわけではなくて、こうして調理した後、骨を除いてタイをご飯と混ぜ、調味だれのようなものをかけて食べるんだ」と解説すると、「韓国にもアユ飯(アユを丸ごと使った炊き込みご飯)ってあったよね。あれと似てるのかな」との声も上がった。

ちなみにこの鯛めしの写真、「インスタ映え」することもあってか、韓国のSNSでかなりの数が紹介されている。実際に日本の店に出掛けて食べたというユーザーの一人は「もしかして生臭いのでは?と少し緊張して食べたけど、まったく臭くなく、あっさりしていた」とレビューをつづっていた。(編集/吉金)