2017年F1第12戦ベルギーGPがサーキット・デ・スパ・フランコルシャン(7.004km、周回数44周)で開催されました。

スパ・フランコルシャンはベルギーの首都ブリュッセルの東南東、ドイツとの国境に近いアルデンヌの森にあり高低差104m、グランプリの中で一番長いコースです。

ポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)。キャリア68回目、ミハエル・シューマッハーの持つ最多記録に並びました。2番手にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、4番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、5番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、6番手ダニエル・リカルド(レッドブル)が続きます。

約1カ月のサマーブレイクがあけ、いよいよシーズン後半戦がスタート!

上位勢はスムーズなスタートを決め、順位の変動はありませんでした。それにしても20台のマシンがスパ・フランコルシャン名物、オー・ルージュを駆け抜けて行く姿は何度見ても興奮します。いつかこのシーンを現地で見てみたい! 憧れのサーキットです。

8周目、フェルスタッペンがマシントラブルのため、今シーズン6回目のリタイア。ベルギーはフェルスタッペンの生まれ故郷。第2の母国ということもあり、サーキットにはたくさんのファンが訪れていました。フェルスタッペンもヘルメットをベルギーGP仕様にし、気合いが入っていただけに本当に残念な結果となってしまいました。

素晴らしいスタートを決め10番手から7番手までジャンプアップしたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は、ケメルストレートで後ろのマシンにどんどん抜かれ、11位まで順位を落としてしまいました。アロンソは無線で「情けないよ」とチームに訴えます。そして25周目「突然パワーがなくなった」とガレージに戻り、マシンから降りてしまったのです……。

29周目、11位を走行していたエステバン・オコン(フォースインディア)はチームメイトのセルジオ・ペレスに仕掛けますが、オー・ルージュ手前で接触。

実はこの2人、スタート直後にも同じ場所で同様のことが起こっていたのです。幸いにもその時は2台ともダメージはありませんでしたが、今回はそうはいきませんでした。オコンはフロントウイングにダメージを負い、ペレスは右リヤタイヤがバースト。コース上にはマシンのパーツが飛び散り、セーフティカーが導入されました。

開幕前は仲が良さそうでしたが、ここ数戦激しいチーム争いを続ける2人の今後の関係が心配されます。

セーフティカー導入と同時に全車がピットイン。ここで興味深かったのが上位陣のタイヤチョイス。メルセデス勢がソフト、フェラーリ勢がウルトラソフト、リカルドがスーパーソフトを選択し、チームごとにはっきりと分かれました。

34周目にレースが再開し、各マシンが再びオー・ルージュを駆け抜けていきます。そして1コーナーでハミルトンとベッテルがサイド・バイ・サイド! さらにその後方ではボッタス、リカルド、ライコネンがスリーワイド!! 上位2台の順位は変わりませんでしたが、リカルドとライコネンがボッタスをパスし順位をあげました。

この戦いは最高にしびれました! やっぱりレースって面白い!!

後半戦最初のレースを制したのはハミルトン。見事なポールトゥウィンでした。そして2位ベッテル、3位リカルド、4位ライコネン、5位ボッタスとなりました。

表彰式後のインタビューで

「初めてF1を見に来たのが96年のベルギーGPでした。一緒に見に来た父と『夢はここ(ポディウム)に来ることだよね』と誓いました」

と語ったハミルトンは「今回も子供や大人がたくさん見に来ていますね。夢は必ず叶います。だから諦めずに頑張りましょう!」とファンにメッセージを送りました。

そんなハミルトンですが、どこか厳しい表情でレースの興奮がまだ収まっていないように思えました。ポールポジションを獲得し順調に走り続けるも、途中のセーフティカー導入で今まで築いてきたギャップが一気に縮まり、しかも後ろのベッテルとは異なるタイヤ戦略でレース再開後からゴールまでの10周は今までになく集中していたのでしょう。

レースはドライバーの体力だけでなく、精神力もすり減らしてしまう過酷なものだと改めて実感しました。タイトなスケジュールだとは思いますが少しでもゆっくり休んでもらい、次戦のイタリアGP(9月3日)ではいつものルイススマイルが見られますように!

順位/No./ドライバー/チーム
1/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
2/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
4/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
5/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
6/#27/ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
7/#8/ロマン・グロージャン/ハース
8/#19/フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
10/#55/カルロス・サインツJr/トロロッソ

(yuri)

ルイス・ハミルトン優勝! 21年前にスパ・フランコルシャンでお父さんと約束した夢とは?【2017年F1第12戦ベルギーGP】(http://clicccar.com/2017/08/30/505279/)