バルセロナの下部組織でプレーするイ・スンウ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナの下部組織に所属する19歳の韓国人FWイ・スンウが、セリエA昇格組のヴェローナに移籍する見通しとなったようだ。30日に韓国紙『東亜日報』が報じている。

 同紙によると、移籍金150万ユーロ(約2億円)の4年契約でヴェローナ移籍に近づいているとのこと。契約内容には買い戻しオプションが含まれており、今後2年以内は一定の金額を支払って買い戻すことが出来ると報じている。現地時間30日にメディカルチェックを受診した後、公式発表される見通しのようだ。

 イ・スンウはバルセロナの下部組織に所属し、“韓国のメッシ”という異名で知られている。ただ、バルセロナBへの昇格が困難な状況にあるため、2019年まで契約を残しているものの移籍を示唆していた。今年6月に韓国で開催されたU-20W杯にも出場しており、将来的に韓国のA代表入りすることが期待されている。

text by 編集部