「CL決勝史上最高の一撃」 昨季欧州年間ベストゴールにユーベFWのビューティフル弾

写真拡大

CL決勝レアル戦、マンジュキッチが歴史的なスーパーゴール

 欧州サッカー連盟(UEFA)が29日に2016-17シーズン「ゴール・オブ・ザ・シーズン」を発表し、ユベントスのクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチのビューティフル弾が選出された。

 栄えある年間最優秀ゴール賞に選ばれたのは、昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリード戦で生まれた鮮やかな一撃だ。レアルのFWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を決められたユベントスだったが、前半27分にストライカーが輝きを放った。

 左からのクロスボールをアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、胸トラップからそのまま真横のマンジュキッチにパス。これを胸トラップすると、ボールを地面に落とさず、倒れ込みながら右足を一閃。相手が寄せるなか、オーバーヘッドキック気味に鮮やかなゴールを叩き込んだ。レアルのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスが反応したもののわずかに届かず、大舞台で歴史的なスーパーゴールが生まれた。

 マンジュキッチはバイエルン・ミュンヘン所属時代、2012-13シーズンのCL決勝ドルトムント戦でも優勝に導くゴールを決めていたが、異なる2クラブでのCL決勝ゴールは史上2人目の快挙だったという。ロナウドがマンチェスター・ユナイテッド、レアルで達成しているのみだった。

ジェラード絶賛「信じられないフィニッシュ」

 試合はその後、レアルが3ゴールを決めて4-1と勝利し、大会史上初の連覇を達成したが、マンジュキッチの超絶ゴールに各国メディアから絶賛の声が集まっていた。

 米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」は「驚くべきオーバーヘッド弾はCL決勝史上最高の一撃」、英紙「デイリー・スター」は「信じられないゴール」と賛辞が並んだ。かつて2004-05シーズンのCL決勝ミラン戦で“イスタンブールの奇跡”と呼ばれる大逆転劇を演じ、リバプール優勝に貢献したスティーブン・ジェラード氏も、英衛星放送「BTスポーツ」で「ボヌッチの素晴らしい50ヤードパス。イグアインの素晴らしいタッチも素晴らしく、信じられないフィニッシュだった」と絶賛していた。

 レアルの軍門に降る形となったユベントスだが、マンジュキッチの一撃はサッカー史に刻まれるゴールとなったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】beIN SPORTS公式ツイッターに投稿されたCL決勝・ユベントスFWマンジュキッチの超絶アクロバティック弾

https://twitter.com/beinsports_FR/status/871088651878502401

beIN SPORTS公式ツイッターに投稿されたCL決勝・ユベントスFWマンジュキッチの超絶アクロバティック弾