30日、中国メディアの海外網は、台湾の教科内容に日本人の文章を追加したことで、蔡英文総統が台湾メディアから批判されていると伝えた。写真は蔡英文総統。

写真拡大

2017年8月30日、中国メディアの海外網は、台湾の教科内容に日本人の文章を追加したことで、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が台湾メディアから批判されていると伝えた。

台湾教育部が開催した「12年国教科綱課審大会」で、普通高校チームは「国文科必読古文」を現在の20編から10から15編へと減らす案を提出した。これにより、古代中国の有名な作品を減らして、日本人の中村桜渓(別名:中村忠誠)が記した「七星[土敦]山蹈雪記」が必須になるかもしれないという。

これについて台湾メディアの風伝媒は、「蔡英文は日本人なのか?」と題する記事を掲載。国語に植民地支配時代の日本の漢学者の作品を選んだことを痛烈に批判し、「蔡当局は日本語も母語にするのではないか?」と皮肉を述べた。

さらに、「七星[土敦]山蹈雪記」が一体どれほど美しい文章というのか?自分たちの歴史の源流である作者を捨てるほど美しいのか?」と問い掛け、台湾の端午節ではドラゴンボートをこいでちまきを食べ、屈原をよく知っており、子どもたちは親よりも三国志に詳しいのに、諸葛孔明の出師表はそんなにも難しいのかと論じている。

また、台湾メディアの中央日報も、このような方針が実施されれば、台湾の学生の国語力が下がるだけでなく、若い世代をますます中華文化から遠ざけてしまうと指摘。馬英九(マー・インジウ)前総統も、世界各地で中華文化が重視されている中で、我々は逆に減らすというのは、世界の流れに逆行しているのではないかと、フェイスブックで苦言を呈した。

記事は最後に、台湾民意基金会が行った調査によると、蔡英文総統に対する満足度は29.8%まで低下しており、その指導方針に賛成しない人が50%を超えたと伝えた。(翻訳・編集/山中)