火星12型の発射訓練を現地指導した金正恩氏(2017年8月30日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が29日、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)戦略軍の中・長距離戦略弾道ミサイルの発射訓練を現地指導した。朝鮮中央通信が30日、伝えた。

李炳哲(リ・ビョンチョル)、金正植(キム・ジョンシク)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、劉進(リュ・ジン)、張昌河(チャン・チャンハ)、全日好(チョン・イルホ)の各氏が訓練を参観した。

同通信は、「火星12」型の発射訓練は、米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」に備えた「対応武力示威の一環として行われた」と伝えた。

また、ミサイルは「予定された飛行軌道に沿って日本の北海道の渡島半島と襟裳岬の上空を通過して北太平洋海上に設定された目標水域を命中打撃した」という。

つづけて、「戦略軍火星砲兵部隊のロケット実戦運営能力と新たに装備した中・長距離戦略弾道ロケットの戦闘的性能が完ぺきなものに評価された」と報じた。

金正恩氏は、「今回の弾道ロケット発射訓練はわが軍隊が行った太平洋上での軍事作戦の第一歩であり、侵略の前哨基地であるグアムをけん制するための意味深長な前奏曲になる。今後、太平洋を目標にして弾道ロケット発射訓練を多く行って戦略武力の戦力化、実戦化、現代化を積極的に推し進めなければならない」と語った。

さらに、「今日、戦略軍が行った訓練は米国とその手先が繰り広げた『ウルチ・フリーダム・ガーディアン』合同軍事演習に対する断固たる対応措置の序幕にすぎない」とし、「すでに闡明した通り、われわれは米国の言動を引き続き注視し、それ相応に今後の行動を決心する」と述べた。

同通信によると北朝鮮軍の全ての将兵は、「(金正恩氏が)『韓日合併』という恥ずべき条約が公布された血の8月29日に残虐な日本の島国夷がびっくり仰天する大胆な作戦を策定し、首都圏地域から弾道ロケットを発射するように承認してわが人民の胸に積もりに積もった恨みを晴らしてくれた」と感謝し、決死の誓いを立てたという。