ボールを自在に操る曲芸トラップから一撃! 日本代表を助けたUAE代表FWの超絶美技

写真拡大

UAE代表FWマブフートが芸術的な足技 足にボールが吸い付いたかのようなプレー

 29日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で、UAEが本拠地でサウジアラビアに2-1と逆転勝利を収めた。

 同予選2位のサウジアラビアが敗れ、W杯出場に向けて1位の日本に追い風が吹く形となったが、その流れを呼び込んだのはUAE代表FWの美技だった。

 試合は前半20分にPKでサウジアラビアが先制したが、そのわずか1分後に流れを変えるスーパープレーが生まれる。右サイドからのクロスに対し、エリア内中央で待ち構えていたUAE代表FWマブフートが反応。ボールは走り込んだ場所よりやや後ろに流れ、さらに相手DF二人に囲まれるという難しい状況だった。

 パスがズレたかに思われた瞬間、マブフートが芸術的な足技を見せる。素早く体の向きを変えつつ、右足を上手く折り曲げて後方に流れそうになったボールに触れると、まるで足にボールが吸い付いたかのごとく、前方へ反転すると同時に自身も素早くターン。相手二人を翻弄し、寄せてくる前にシュートモーションに入ると、右足を振り抜いて同点弾を叩き込んだ。

 すぐさま同点に追いついたUAEは、後半15分にUAEのFWハリルが強烈なミドルシュートを叩き込み、これが決勝弾となった。クロスボールに対して曲芸トラップからのゴールという難易度の高いプレーが流れを変え、UAEに勝利を呼び込んだ。

日本2位転落の可能性もあったが…

 この試合結果を受けて、2位サウジアラビアの勝ち点は16のままとなり、同17の日本は1位をキープ。31日に埼玉スタジアムで勝ち点16のオーストラリア(3位)と対戦する日本は、勝てば6大会連続の本大会出場が決まる一方、仮にオーストラリア戦で引き分けるか敗れても、9月5日のサウジアラビア戦で引き分け以上なら自力で本大会出場が決まる。

 サウジアラビアがUAEに勝利していれば、勝ち点19で暫定1位に浮上し、日本は2位に転落。勝ち点2差で追いかける状況となり、オーストラリア戦に向けてより一層プレッシャーがかかっていた可能性もあった。結果的にそのシナリオは立ち消え、日本にとっては、2位サウジアラビアが敗北したことで極めて有利な状況になった。

 UAEのFWが見せた華麗な足技がハリルジャパンを助ける形となったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】AFC公式YouTubeチャンネルで公開された、UAE代表FWマブフートの曲芸トラップからの圧巻ゴール

https://youtu.be/dDjLWgsmRDc?t=58

AFC公式YouTubeチャンネルで公開された、UAE代表FWマブフートの曲芸トラップからの圧巻ゴール