煮干しの魚介スープにスパイスを効かせた味噌ダレの「MISOらぁ麺(細麺)」(750円)。

写真拡大

特別連載「ABCアナウンサー・横山太一の新店ラーメン食べまくり!〜最強のルーキーを求めて〜」

鶏ガラの清湯スープに、煮干しと貝スープの2種の魚介スープを合わせるトリプルスープが特徴の「醤油らぁ麺」(750円)/らぁ麺屋 はりねずみ

関西のアナウンサー界で敵なし!?なほど、日々ラーメンを食べ歩く、ABCアナウンサー・横山太一が、最強のルーキーを求めて、大阪を中心に関西の新店ラーメンを食べつくす!

第5回は、大阪・高槻の「らぁ麺屋 はりねずみ」(2017年2月25日オープン)。

■ 食べ歩いて研究した完成度の高いラーメン!

10年以上前からラーメン店を出すことを夢見ていた店主の松本英之さん。家庭の事情で、2年半の香港在住中も独学でラーメン修業。3年半いた東京では有名店を食べ歩き、気が付けば通算800軒以上に!開店まで目指すべきラーメンを探してきた。満を持して開店したのが2017年2月25日。これまで、食べてきた中から気に入ったラーメンをさらにアレンジし、王道系の鶏清湯の醤油ラーメンの完成させた。その独学とは思えないクオリティの高さに、人気ブロガー達が反応。一躍話題の的になっている。

■ これまでなかった異次元の味! 無国籍な味噌ラーメン

<おすすめの一杯!>煮干しの魚介スープにスパイスを効かせた味噌ダレの「MISOらぁ麺(細麺)」(750円)。トッピングのローストトマトやイタリアンパセリなど、無国籍な味の重ね方が楽しい。ゴロゴロのチャーシューなど、さまざまな演出だけでなく味わいもバツグン。

■ラーメンデータ<麺>中細・平打ち・ストレート/製麺所:自家製麺<スープ>タレ=味噌・仕上げ油=煮干し油/濃度:あっさり◯●◯◯◯こってり/種類:魚介(煮干し)

<横山アナ実食>「山椒のシビレやイタリアンなトマトとパセリなど、ケンカしそうな素材が上手くまとまってます!」

<横山チェック>「ベースの御膳味噌と白味噌にクミンやコリアンダーなど、複数のスパイスをまぜ合わせて作る味噌ダレがもちろん味の決め手。特にぶどう山椒の爽快な辛さが生きています」

「自分の好みに忠実に従いました(笑)」という全粒粉麺は、少しざらつきを感じさせる。しっかりスープをキャッチする細麺。

<もう一杯!>鶏ガラの清湯スープに、煮干しと貝スープの2種の魚介スープを合わせるトリプルスープが特徴の「醤油らぁ麺」(750円)。スープが層になり、鶏、煮干しの後に貝の旨味がやってくる。細麺をコーティングする鶏油や3種の醤油を合わせたタレなど完成度が高い。

■ラーメンデータ<麺>細・角・ストレート/製麺所:自家製麺<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=鶏油/濃度:あっさり◯●◯◯◯こってり/種類:鶏清湯+魚介(煮干し)+魚介(貝)

<横山アナ実食>「複雑な素材を使っているのに、カドがなく主張しすぎずバランスのとれたスープに感動しました!」

キレイに整頓された店内は、厨房をぐるりと囲むカウンターが印象的。店内には、大和製作所製の製麺機のためのスペースも備える。

店があるのは国道171号線沿い。ランチタイムのみの営業には、周辺会社員などのほか、学生などが訪れ、行列になることもしばしば。

「今は、既存メニューの完成度を上げるに手一杯ですが、新メニューなどもこれから出せればと考えています。もう少し待ってください」と、店主の松本英之さん。

■らぁ麺屋 はりねずみ<住所:大阪府高槻市野見町4-6/電話:072-676-8860/時間:11:00〜15:00(LO)/休み:不定休(月3〜5回程度)/席数:11席(カウンターのみ)/タバコ:禁煙/駐車場:なし/交通:阪急京都線高槻市駅より徒歩8分>【関西ウォーカー編集部/高田 強】