英・仏両政府が都市部などで深刻化する大気汚染対策を目的に、2040年にガソリン・ディーゼルエンジン車の販売を終結させる方針を固め、欧州主要国が「電動化」に向けて動き出しています。

そうしたなか、イタリア北東部のEVメーカー・エストリマ社が2009年6月から生産を開始した超小型EV 「BiRO」が注目を集めています。同社は欧州で既に1,800台の販売実績があり、ルノーに先行してゼロエミッションビークルをイタリアで一番多く販売したEVメーカーとなっています。

同社の創始者マッテオ・マエストリ氏が「日々の生活をもっと便利にしたい」との信念のもと、「安全で運転が簡単、独創的なデザインを持つ都市移動に適したエコカーを」と考え出したのが「BiRO」という訳です。

 

「BiRO」の車名は、イタリアで古くから重宝されて来た、人や荷物を運ぶための車両「Biroccino」にあやかって命名したものだそう。

日本の道路交通法上では「ミニカー」扱いとなり、一般道の法定速度は60km。普通自動車免許(AT限定免許でOK)を持っている人であれば、誰でも運転することができます。

車体上部のルーフガラスと背面後部のガラスがチルト式になっており、走行時には前から風を取り込み、後方に向かって空気がスムーズに流れるため、車内の換気性は良好。日本向けには、オプションとして付属のUSBポート電源を利用する扇風機が用意されるそうです。

車庫証明/車検は不要で取得税/重量税も無く、自動車税は3,700円/年で、保険や税金などの維持費が原付バイク並みに安いのが特徴。

車両スリーサイズは、全長1,740mm×全幅1,030mm×全高1,565mmで、バッテリーを除く車重は245kgと軽量設計。フレームはスチールチューブ製で、ドアには強靭なポリカーボネート素材を使用。横方向からの安全にも考慮されており、制動性能に優れた4輪ディスクブレーキや175mm幅のリアタイヤも安定した安全ドライビングに貢献します。

満充電での航続距離は固定式バッテリーで約100km(充電:約5時間)、脱着式バッテリーで約55km(充電:約3時間)。いずれも家庭用の100Vコンセントから充電可能。脱着式バッテリーにはキャリーバックのように下方に車輪がついており、持ち運びが可能。

走行距離当たりの費用は約1.5円/kmで、夜間なら更にお得。また、バッテリー残量は常に車両のモニターでも確認できます。

気になる車両価格は、ドア無しタイプがバッテリー込みで125万円から、ドア付きタイプはバッテリー込みで150万円からとなっており、納期はイタリア工場でのハンドメイド生産のため、船舶輸送期間を含めて約5ヶ月とのこと。(メーカー保障期間:2年)

大阪市内の「BIRO STORE(ビロ・ストア) Osaka」では、9月9日(土)・10日(日)の2日間、一般向け試乗会を開催するそうなので、イタリア製 超小型EV 「BiRO」の走りを体感する良い機会になりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:Estrima)

【関連記事】

日産が「新型リーフ」のリアデザインとイメージアニメーションを公開!
https://clicccar.com/2017/08/27/504741/

トヨタとマツダの資本提携で「走り好き」に訴求するEVが実現する!?
https://clicccar.com/2017/08/06/499136/

トヨタがEVへの「全固体電池」採用で競合他社をリードか
https://clicccar.com/2017/08/03/498119/

トヨタ初の量産EVは「C-HR」ベース。2022年に本格EV投入か?
https://clicccar.com/2017/07/29/496525/

英・仏政府が2040年にガソリン・ディーゼル車の販売を終結!
https://clicccar.com/2017/07/27/495632/

【関連リンク】

BiRO https://www.birojapan.com/

イタリアから小粋な超小型EV「BiRO」がやってくる! 9月に大阪で試乗会開催(http://clicccar.com/2017/08/30/505704/)