オーストラリア代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は31日に埼玉スタジアム2002でオーストラリア代表と、9月6日にアウェイでサウジアラビア代表と、それぞれW杯出場をかけて対戦する予定だ。大混戦になっているアジア最終予選のグループBだが、韓国紙『朝鮮日報』は勝負の行方に注目している。

 同紙はタイトルに「日本も最終的には苦渋の選択?大混戦B組の運命は?」とつけ、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の写真を載せながら日本代表について報じた。「ハリルホジッチ監督の運命もこの試合で決定される」とコメントし、オーストラリア戦で勝利できなければ解任される可能性があると伝えている。

 冒頭では「今回も、日本は韓国と同じ運命をたどるのだろうか」とし、今年6月に解任された韓国代表のウリ・シュティーリケ監督に擬えて、日本も同じ道を歩む可能性があるとしている。

 ただ、オーストラリア戦が行われる前に日本代表に追い風が吹いた。現地時間29日にサウジアラビア代表とUAE代表の試合が行われ、2位のサウジアラビアが1-2の敗戦を喫している。そのため、2試合のうち1試合は勝利が必要という状況が変わり、日本はオーストラリア戦に敗れてもサウジアラビア戦で引き分け以上ならW杯出場が決まる状況となった。

text by 編集部