東京・恵比寿に本店を構えるスペシャリティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」が、きょう29日に新宿ルミネ1に新店舗をオープン。そこでは、こだわりのコーヒーが味わえるだけでなく、同ショップが手掛けるアイスクリーム1号店「ティキタカアイスクリーム」も展開する。朝から夜まで、一日を通して楽しめるショップの気になるメニューを紹介!

 まずは、今回初登場となる「ティキタカアイスクリーム」のメニューから紹介。「大人が堂々と通えるアイスクリーム屋」をコンセプトに、定番はコーヒーフレーバー4種と『ごきげん抹茶』『和三盆みるく』『あずき』『チョコレートゴラッソ』の8種をラインナップ。さらに、限定の8フレーバーを含み、常時16種類を展開。季節のフレーバーは入れ替わりが早いそうで、訪れるたびに違う味わいに出会える楽しみも。

 コーヒーフレーバーでは、スッキリした味わいの『猿田彦ブレンド』とほろ苦さが大人味の『ティキタカブレンド』が定番。コーヒーのしっかりした風味や味わいが感じられるのに、他のフレーバーともケンカしないのが特長。あとの2つはコーヒーショップで見かける「本日のコーヒー」のように、その時々でオススメのコーヒーフレーバーが登場する。

 お店の目玉『コーヒーフロート』もぜひオーダーしてほしい一品。水出しコーヒーに、『和三盆みるく』を浮かべていて、見た目も涼やか。どこか懐かしさもある、喫茶店の定番メニューを、猿田彦流にアレンジしたスッキリした味わいに仕上げている。プカプカと浮いた『和三盆みるく』は、島根県の自然放牧で育ったうちのミルクを使用しているそうで、華やかな香りと味わいが特長。ミルクの風味はしっかりしているのに、濃厚過ぎず、和三盆の優しい甘みがクセになる。ミルキーなアイスクリームに、キリッとした水出しコーヒーがマッチ。「猿田彦珈琲」と「ティキタカアイスクリーム」の味わいが1つになった、オススメのメニュー。

 なお、店名の「ティキタカ」とは、サッカー用語で「パス回し」の意。多くの人に何度も立ち寄ってもらいたい、スタッフとのコミュニケーションが一方通行ではなく、お互いにワクワクした時間をつなげていきたい、という思いが込められているそう。一度行ったら、その味わいにハマること間違いなし。

【店舗詳細】
「猿田彦珈琲とティキタカアイスクリームのお店」
住所:東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿LUMINE1 1階
営業時間:8:00〜22:30
定休日:施設休館日と同じ
メニュー:コーヒー各種、アイスクリーム16種類
席数:13席

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/