タイムマシーン3号のDVD「米」には、新ネタ6本を収録!

写真拡大

8月23日に5年ぶりのDVD「米」をリリースしたタイムマシーン3号(山本浩司、関太)。本作には、5月20日に行われたオール新ネタの単独ライブが収録されている。今回、そんなDVDの見どころやネタの作り方などについて2人に話を聞いた。

【写真を見る】成人男性が人前でする格好じゃない!? 関が思わぬ格好で登場!

■ 「米」というタイトルに込められた思いとは?

――今回のDVDはどんな内容ですか?

山本:割とどのネタもテレビに持っていきやすい、分かりやすいネタですね。ストーリーにこだわりがなく、笑いを最初に持ってきた作品が多いです。まず、会場にいるお客さんを笑わせようという思いが大きかったです。今までは演劇チックだったり、1個1個をつなげたストーリー的なネタが多かったのですが、今回はストレートにどこを切り取ってもネタ番組に持っていけるようにしました。

関:バランス良くやったつもりなんですけどねー。本当にお米くらいの立ち位置というか…(笑)。「お米を食べに行こう」とまでは言わないけど、「でも絶対あっていいよね」くらいのスタンダードなネタを作りました。

――「米」というタイトルは、そういう意味から付けたんですか?

関:そうですね。シリーズで作っているので。前作が「肉」だったので、今回は「米」みたいな。米と付けたからには、米っぽいネタがあってもいいかなと。逆にタイトル発信で作ったネタも多いですね。「オーダーザライス」っていうネタは、ただ米を頼むだけのネタですからね(笑)。タイトルに引っ張られたやつですね。

■ こだわらないのが、こだわりです!(笑)

――お2人は漫才もコントも両方作られますが、作る時のこだわりはありますか?

関:一番は、「笑いが欲しい」っていうことですかね。

山本:あまり設定にこだわっていなくて、今回はいろんな角度から笑いを取ったのが多い気がします。

関:「こだわりがないのが、こだわりなんです」っていう、一番うるさい感じになっちゃうんだよねー(苦笑)。ラジオとかでもよく聞かれるんですが、あらためて聞かれると、こだわりがないのがこだわりですね。凝り固まってはいないと思うんですけどね。やっぱり、お客さんが笑ってくれそうなところに尾っぽを振っていくのが我々なので。

山本:今回は割と原点回帰していると思いますけどね。分かりやすいことをはっきりやって。

関:自分たちがやりたいことをやって、皆さんが笑ってくれている感じですかね。「デブリンピック」みたいなのは、昔やっていたんですよ。「デブニーランド」みたいな。それのオマージュというか。意外と考えていて、楽しかったですね。

山本:「M-1(グランプリ)」の決勝のネタを考えている時の方がつらかったですね。「いい作品を作んなきゃ。審査員をうならせなきゃ」と思っていた時の方がしんどかったです(苦笑)。どちらかというと肩の力を抜いて、「僕たち、こんなんでしょ」っていう、需要と供給がすごく一致したライブだったと思いますね。

――お2人のネタは、あまり決まった形がないんですね。

山本:そうですね。ずっと同じ形のネタをやっていると、飽きちゃうんですよね。中には、“太らせる”というネタだけで、芸能界で一生やっていく人もいるのかなと思うんですけどね。

関:僕は飽きないんですけどね(笑)。早く(ネタの形を)見つけてもらいたいんですけどね。

山本:僕は、まだまだいろんなことをやりたいんですよ。コントにも手を出しちゃっていますからね。コントはコントでいろいろやりたいし…。

関:全然、見つかりませんよ!

山本:ツッコミあるのから、ツッコミないのまで…、いろいろやりたいんです! でも、単独だと同じネタばかり僕が見たくないので、いろんな種類のネタを見せたいんです。そういう意味では、多様性があっていいんじゃないでしょうかね。

■ コントと漫才、作りやすいのは?

――コントと漫才、作るのが大変だったのはどちらですか? ネタはお2人で考えているんですか?

山本:ネタは2人で考えています。どっちが難しかったかなぁ? でも、思い付くとコントの方が早いですね。漫才の方が積み上げていかなきゃいけないので、コントはワンシチュエーションでできるので、作ったら早かったですね。漫才の方は、なかなかそうはいきませんからね。

―― 一番作るのに時間がかかったネタはどれですか?

関:「喫茶店」じゃないの!?

山本:うーん、「喫茶店」かなぁ。全部が一発目だから、試せないんでね。作っていてすごく楽しかったですね。

――お客さんの反応が良かったネタはどれですか?

山本:日によって反応はまちまちだったんですけど、やっぱり漫才の反応は良かったですよ! みんな、分かりやすい漫才が好きなんでしょうね。「温泉旅館」とか「デブリンピック」は、受けていましたね。でも、やってみると、漫才もコントも楽しかったですね。「90分ずっとしゃべっていると飽きるんだろうな」と思っていたけど、飽きずに楽しめました。 どれも初ネタなので、ここでウケるんだとか、ここはウケないんだとかいうのがすごくありましたね。20年近くやっていても、それが分からなかったです。

■ 山本が意外な才能を発揮!?

――幕間と特典映像の「ラッパーへの道」では関さんがラッパー姿を披露していますが、関さんは本当に何も知らされていなかったんですか?

関:そうです。なんとなく店に連れて行かれて、やりたくもないラッパーの格好をしていましたね。もちろんあんな格好、初めてですよ! 普通、成人男性が人前でする格好じゃないですからね(笑)。

――山本さんは、関さんのファッションをコーディネートしてどうでしたか?

山本:さっき考えたんですけど、僕ね、結構前からこういうことをやっているんですよ。確か、7〜8年前にもこんなことやったよね!?

関:うん、あったね。

山本:僕、好きなんですよ。人に着せるのが(笑)。

関:太っていると、服を着たり脱いだりするのが一番苦痛なんですよ! 汗だくになるし。それを長時間やらないといけないというこの憂鬱さ(笑)。

山本:(笑)。ベタなことやっていますけど、分かりやすくて面白いですね。めちゃくちゃ楽しかったですね。僕、企画の中で、これが一番好きですもん!

――関さんは、実際にラップのイベントに参加してどうでしたか?

関:早く終わればいいと(笑)。僕、最初、韻を1個も踏めませんでしたからね。「帰りたい」「何したい」しか途中から出てこなかった。住んでいる世界が違い過ぎて(苦笑)。僕なんて、群馬の田舎者ですよ! いやー、恐ろしい…。

山本:見ている方は楽しかったですけどね(笑)。ああいうことをやるのが大好きなんです!

関:普通、すぐ(ラップ)できないでしょ!

山本:まぁ、そうですね。出来ないっぷりが、面白かったですけどね(笑)。

■ DVD収録ネタをテレビで披露したい!

――今年も半分終わりましたが、年内にやりたいこと、頑張りたいことはありますか?

山本:これらをテレビにどう持っていくかですかね。テレビでも、ちょいちょいやり始めていますけどね。単独のネタを4分くらいのテレビ尺にする作業が楽しいんです。ウケたところを残して、イマイチだったところをカットするという作業をしてお披露目するというのが。

関:一応、それを目安に作りましたからね。

山本:今までは単独ライブのネタって、1個くらいしかテレビで使えていなかったんです。1回の単独で、1個のネタができるみたいな感じで。今回はテレビでできるネタもいっぱいあるので、今後テレビでもやっていきたいですね。

――最後にこのDVDの見どころをお願いします!

山本:絶対にテレビでは見られないような間だったり、長さだったり、ライブ感があるので、ぜひ楽しんでいただきたいです。まだ、粗削りの部分がたくさんあるので、今後のテレビでのネタと交互に楽しんでいただければと。

関:僕らにしては珍しくジャケットのかわいいDVDになりました! 

山本:ジャケ買いしていただくのも、いいかもしれませんね。

関:今回はクリエーターの人のセンスが良かっただけですけどね。こんなにかわいくなるとは思っていませんでした。

山本:ここ、僕の実家の近所のお米屋さんなんです。

関:このDVDで僕らを知ってくれる方もいると思うので、まずは手に取っていただけるとうれしいです!